胆石症 | 日帰り手術センター

胆石症

胆石症とは 、肝臓から出される胆汁(たんじゅう)の成分が、胆のう等の中で固まってたまる病気です。一緒に胆のう炎を併発することがほとんどで、胆のう炎と診断された場合は、胆石があると疑ってもいいでしょう。 固まった胆汁が結石のように見えるために胆石と呼ばれています。

胆石は紀元前1500~1600年頃のミイラからも発見されており、昔から存在する病気であることが分かります。 胆石症の発生頻度は高く、日本人の10人に1人が胆石を持っていると見られています。

胆石ができる要因として、次に上げるものが主な原因とされています。

  • 胆汁成分のバランスが崩れて、溶けきれなくなりこれが沈殿する
  • 沈殿した胆汁成分が核となり、周囲に雪だるま上に集まって次第に大きくなる
  • 胆のうが伸縮しにくくなるので、胆石がいつまでも胆のう内にとどまり次第に大きくなる

胆石症の症状

胆石症の初期症状として、背中に違和感を覚えることがあります。 脂っこいものを食べた数時間後に、お腹の右上辺りや、みぞおちの辺りに不快感を覚えたり軽い痛みが出ます。痛みは気になるほどではなく、しばらくすると楽になります。 発熱を伴う場合は胆のう炎や胆管炎の場合もあり、注意が必要です。

胆石症で恐ろしいのが疝痛(せんつう)と呼ばれる痛みです。 この疝痛発作が出て病院に運ばれて、はじめて自分が胆石症だとわかる場合もあります。 この発作が出る前に、合併症として胆のう炎を起こしている事が多く、胆石より先に胆のう炎で受診される人も多いです。

この疝痛発作は心臓発作や狭心症と間違われる場合が多く、循環器科を受診してしまうと、胆石の発見が遅れてなんども疝痛発作に見舞われてしまうことになりかねません。 一方、胆石なのにもかかわらず一切症状がでない人もいます。 こういう場合は無症状胆石と呼ばれます。

症状が出ない場合は経過を観察しますが、だからといって放っておいていいわけではありません。 今出ていなくても、いつ胆石症の症状が出るかもしれないからです。

  • 結石が胆管などに詰まって起こる痛み(背中と胸に激痛) → 疝痛発作
  • 全く痛みがない → 無症状胆石

胆石症の手術治療

当院での胆石症手術は、 胆のうを取り除く手術になり、日帰り手術は主に内視鏡を使う腹腔鏡下手術になります。腹腔鏡下胆のう摘出術は、おなかに5~10mmの穴を開け、そこから手術器具、内視鏡を挿入し手術を行います。 炎症のない胆のうの切除は、短時間で終わります。

この手術方法は傷が小さく、術後の痛みが軽い、早期退院ができるというメリットがあります。 結石が大きい場合や、胆のうの炎症や癒着がひどい場合には、ドレーンを入れたり、入院期間が長引く場合があります。 当院では当日退院、一泊、二泊などの選択枝がありますが、最近では当日退院希望者はほぼ全員が希望通り当日退院されいます。

胆石症の手術の流れ

手術当日まで

1.外来診療

まず外来診療をうけていただき、必要な検査を行います。

2.コーディネーターとの面談

日帰り手術を希望されますとDSコ-ディネ-タ-(日帰り手術専属スタッフ)との面談になります。安心して治療を受けて頂けるよう、相談を受けながら術前、入院中の予定を説明します。麻酔科医の診察、説明もその場で受けていただくことができます。

日帰り手術前のDSコーディネーターによる面談

DSコーディネーターによる面談

手術当日

3.手術室へ

手術当日は約1時間前に来院していただいております。

4.麻酔・手術

手術後は日帰り手術センタ-に戻りますが、 麻酔時間が短いため覚醒は良好です。手術の後は、十分に休んでいただき術後約1時間で水分摂取、 術後約3時間で食事摂取が可能です。 トイレに歩いて行くこともできます。

5.退院

退院に際し、患者様の希望を確認します。希望により一泊入院も可能です。 退院が決まった後は、退院後の生活についてアドバイスさせていただきます。

手術室へ

手術室へ

胆石症手術後の食事

手術後の食事

手術翌日以降

6.電話訪問

退院の翌日に、DSコ-ディネ-タ-が患者さまのご自宅に電話を入れて状態をお伺い致します。

7.手術後のお仕事

手術の翌々日から仕事を再開することもできます。退院から約1週間後に外来受診していただき、傷の状態が良好なら治療は終了となります。

退院後のコーディネーターの電話訪問

DSコーディネーターの電話訪問

手術後の傷の状態

手術後の傷の状態

胆石症の日帰り手術

胆石症は40歳以上の女性に多い病気です。 放っておくと胆のう炎を起こしたり、また症状がなくても胆のうがんを合併するケ-スもあります。

以前は、開腹手術で2週間程の入院が必要でしたが、最近は、腹腔鏡下胆のう摘出術といって4カ所に5~10ミリの穴をあけてモニターを見ながら胆石を取り出す手術が主流となっています。

丹羽 英記(にわ ひでき)

院長
日帰り手術名誉センター長
日本内視鏡外科学会技術認定医
丹羽 英記(にわ ひでき)

手術治療の時間が取れない、という方に


当院では、手術方法や麻酔の工夫により手術時間も30分程度で胆石症の日帰り手術が可能となりました(疾患・症状の進行具合によってはこの限りではありません)。
最近は、80歳以上の方も多く受けられておりますが、合併症はほとんどありません。 時間が取れないといった理由で悩んでおられる方は、是非一度ご相談下さい。


多根総合病院 日帰り手術センター
Tel: 06-6585-3054(直通)
E-mail: dsc@tane.or.jp

日帰り手術センターについてのご案内・ご相談はお気軽に!

TEL.06-6585-3054※外来診察の予約はTEL.06-6585-2729

E-mail.dsc@tane.or.jpE-mailでのご質問には担当スタッフが折り返し返信します

社会医療法人きつこう会多根総合病院

社会医療法人きつこう会多根総合病院

〒550-0025
大阪市西区九条南1-12-21
TEL:06-6581-1071
FAX:06-6581-2520

大きな地図で見る

お問い合わせ

高精度放射線治療

放射線治療科を創設。
高精度放射線治療が可能に!!

内視鏡

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

多焦点眼内レンズ

遠くも近くも見やすい白内障治療。
最新の水晶体再建術

フェイキックIOL

角膜を削らない視力矯正で強度近視の方、角膜が薄い方も矯正可能になりました。

加齢黄斑変性

レーザー治療により数日の入院で、黄斑変性症が治療可能に

当院は、日本医療機能評価機構認定病院(ver5.0)です。

地域の皆様へ