Radiotherapy│ 放射線治療の実績
MENU

平成23年6月末より放射線治療を開始、
当院が行なった治療の数値データを公表します。

お知らせ

患者と家族が選ぶ全国の頼れるドクター2015-16 患者にやさしいがん治療「がん放射線治療特集」に掲載されました。

画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。

全国の頼れるドクター2015-16

放射線治療の実績

当院では、平成23年6月末より放射線治療を開始しました。 これまで実際に治療を行った数値データを公表し、放射線治療のニーズの高さや、安全性などをお伝えできればと考えております。

治療症例(部位)別件数(総計2,554件)

定位放射線治療 症例(部位)別件数(総計442件)

IMRT(VMAT)症例(部位)別件数(総計998件)

放射線治療科の論文発表実績



巻(号)年 研究者氏名
(共同者含む)
論題 雑誌名 掲載ページ
7(01),
2018.2
Ryuta Nakahara, Kentaro Ishii, Nobuhide Wakai, Ryu Kawamorita, Wataru Okada, Shun Kishimoto, Kazuki Kubo, Toshifumi Nakajima, Masatoshi Hasegawa Dosimetric comparison between bone and target matching considering interfractional prostate motion in volumetric modulated arc therapy International journal of medical physics, clinical engineering and radiation oncology 47-60
44
2017/12
Kazuki Kubo, Hajime Monzen, Kentaro Ishii, Mikoto Tamura, Ryu Kawamorita, Iori Sumida, Hirokazu Mizuno, Yasumasa Nishimura Dosimetric comparison of RapidPlan and manually optimized plans in volumetric modulated arc therapy for prostate cancer Physica Medica 199-204
Articles
in Press
Kentaro Ishii, Toshiko Yamanaga, Ryo Ogino, Yukinari Hosokawa, Shun Kishimoto, Ryuta Nakahara, Chiaki Shimada, Ryu Kawamorita, Takuhito Tada, Yoshiki Hayashi, Toshifumi Nakajima Bowel and urinary quality of life after whole-pelvis versus prostate-only volumetric-modulated arc therapy for localized prostate cancer Practical Radiation Oncology DOI:
http://dx.doi.org
/10.1016
/j.prro
.2017.10.005
6(6), 2016 Chiaki Fujioka , Kentaro Ishii , Toshiko Yamanaga , Ryo Ogino , Shun Kishimoto , Ryu Kawamorita , Takuhito Tada , Toshifumi Nakajima Optimal Bladder Volume at Treatment Planning for Prostate Cancer Patients Receiving Volumetric-modulated Arc Therapy Practical Radiation Oncology 395-401
2016
Jun;57(3)
Ishii K, Okada W, Ogino R, Kubo K, Kishimoto S, Nakahara R, Kawamorita R, Ishii Y, Tada T, Nakajima T. A treatment-planning comparison of three beam arrangement strategies for stereotactic body radiation therapy for centrally located lung tumors using volumetric-modulated arc therapy. Journal of Radiation Research 273-279
 (doi: 10.1093
/jrr/rrv105.)
2016
Jun;89
(1062)
:20150930
Ishii K, Ogino R, Hosokawa Y, Fujioka C, Okada W, Nakahara R, Kawamorita R, Tada T, Hayashi Y, Nakajima T. Comparison of dosimetric parameters and acute toxicity after whole-pelvic vs prostate-only volumetric-modulated arc therapy with daily image guidance for prostate cancer. British Journal of Radiology Epub
 (doi: 10.1259
/bjr.20150930.)
5(1),
2016
岡田亘、川守田龍、中原隆太、岸本瞬、久保和輝、荻野亮、石井健太郎、中島俊文 VMATを用いた肺定位照射におけるinterplay effectの影響 多根総合病院医学雑誌 15-19
Vol.4,
2015
Ryu Kawamorita, Hajime Monzen, Wataru Okada, Ryuta Nakahara, Shun Kishimoto, Kentaro Ishii, Toshifumi Nakajima and Yasumasa Nishimura Novel Anisotropic Margin Calculation Based On the Cumulative Frequency Distribution of Uncertainties in the Clinical Target Volume Journal of Radiology http://dx.doi.org
/10.4172
/2167-7964.
1000202
Vol. 32
(2015)
 No. 3
中島俊文 臨床現場における画像情報と放射線治療とのかかわり 医用画像情報学会雑誌 p. 48-53
4(1),
2015
久保和輝,川守田龍,岡田亘,中原隆太,岸本瞬,石井健太郎,荻野亮,中島俊文 Volumetric Modulated arc therapy (VMAT) 治療計画におけるMultileaf Collimator (MLC) の系統的位置誤差の許容値 多根総合病院医学雑誌 p. 15-22
2014 Ishii K, Ogino R, Hosokawa Y, Fujioka C, Okada W, Nakahara R, Kawamorita R, Tada T, Hayashi Y, Nakajima T Whole-pelvic volumetric-modulated arc therapy for high-risk prostate cancer: treatment planning and acute toxicity   Journal of Radiation Research
Ahead of print (pii: rru086.)
Epub 2013
Aug 30
K Ishii R Ogino, W Okada, R Nakahara, R Kawamorita, T Nakajima A dosimetric comparison of RapidArc and IMRT with hypofractionated simultaneous integrated boost to the prostate for treatment of prostate cancer   British Journal of Radiology
Ahead of print
39(3)2012 中島俊文 放射線治療センター立ち上げの背景と基本方針 月刊新医療 
P134―137

放射線治療科の翻訳出版実績



巻(号)年 研究者氏名
(共同者含む)
論題 雑誌名 掲載ページ
2016.4 川守田 龍 “Safety is no accident” 安全は偶然には生まれない 放射線腫瘍学の品質とケアを向上させるための枠組み (日本語訳) American Society for Radiation Oncology (ASTRO) Safety is no accident 国立がん研究センター研究開発費(課題番号26-A-28).「質の高い放射線治療の普及と均てん化.のための基盤研究」
34-47

放射線治療科の学会発表実績



開催年月日 研究者氏名
(共同者含む)
演題 学会名 開催地
2018.12.7- 9 Ryuta Nakahara, Ryu Kawamorita, Kentaro Ishii, Shun Kishimoto, Kazuki Kubo, Yuta Nakasaka, Masayuki Kusawake, Toshifumi Nakajima Investigate of optimal structure setting for error detection on 3D dose verification system ESTRO(European Society for Radiotherapy & Oncology) meets Asia 2018 シンガポール
2018.11.11-14 Kazuki Kubo,Hajime Monzen,Katsuya Okuhata,Mikoto Tamura,Masakazu Otsuka,Kentaro Ishii,Ryu Kawamorita,Yasumasa Nishimura Comparison of dosimetric parameters and plan complexity between volumetric modulated arc therapy plans with different collimator angles for prostate with whole pelvis irradiation 18th Asia-Oceania Congress of Medical Physics Kuala Lumpur
2018.10.11-13 久保和輝,門前一,霜村康平,松本賢治,佐藤智春,田村命,中松清志,石井健太郎,川守田龍 Patient-specific IMRT QAにおける測定精度に関する検討:多施設共同研究 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会 京都
2018.10.11-13 石井健太郎,松田尚吾,荻野亮,山永登志子,藤原真喜子,島田千暁,久保和輝,川守田龍,中島俊文,澁谷景子 前立腺癌VMATによる局所照射と全骨盤照射の晩期有害事象の比較 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会 京都
2018.9.21-23 Kazuki Kubo,Hajime Monzen,Kohei Shimomura,Kenji Matsumoto,Tomoharu Sato,Mikoto Tamura,Kiyoshi Nakamatsu,Kentaro Ishii,Ryu Kawamorita Comparison of multiple institutions’ patient-specific IMRT QA measurement 6th Asia Radiation Therapy Symposium Yamaguchi
2018.9.22 Ryu Kawamorita Current Status of Radiotherapy Technologists in Japan 6th Asia Radiation Therapy Symposium Yamaguchi
2018.8.17-18 Kazuki Kubo,Hajime Monzen,Kohei Shimomura,Kenji Matsumoto,Tomoharu Sato,Mikoto Tamura,Kiyoshi Nakamatsu,Kentaro Ishii,Ryu Kawamorita Comparison of multiple institutions’ patient-specific IMRT QA measurement Sixth Annual Conference of Vietnam Association of Radiological Technologists Hanoi
2018.4.13 川守田 龍 合同教育セッション 前立腺癌高精度放射線療法における診療放射線技師の役割 第77回日本医学放射線学会 神奈川
2018.2.10 川守田 龍 シンポジウム「高精度放射線治療に関わる多職種からの貢献」 -診療放射線技師に託された線量投与の具現化- 日本放射線腫瘍学会第31回高精度放射線外部照射部会学術大会 大阪
2018.2.10 松田 尚吾 VMATを用いた中枢性肺腫瘍に対する定位放射線治療の治療成績 日本放射線腫瘍学会第31回高精度放射線外部照射部会学術大会 大阪
2018.1.17-19 Kazuki Kubo,Hajime Monzen,Do-Kun Yoon,Kentaro Ishii,Ryu Kawamorita,Tae Suk Suh,Yasumasa Nishimura Comparison of treatment plan between boron neutron capture therapy and volumetric modulated arc therapy for brain tumor patients Thai Medical Physicist Society Tenth Annual Scientific Meeting Bangkok
2017.9.15-17 Shun Kishimoto, Ryu Kawamorita, Wataru Okada, Ryuta Nakahara, Kazuki Kubo, Yuta Nakasaka, Masayuki Kusawake, Shogo Matsuda, Ryo Ogino, Kentaro Ishii, Toshifumi Nakajima Comparison of 3D dose volume in single- and double-arc volumetric modulated arc therapy (VMAT) plan for prostate cancer patients 8th Japan-Korea medical physics joint meeting 大阪
2017/9/15-16 Kazuki Kubo, Do-Kun Yoon, Hiroki Tanaka, Hajime Monzen, Yoshinori Sakurai, Kentaro Ishii, Ryu Kawamorita, Tae Suk Suh, Yasumasa Nishimura Treatment planning comparison between boron neutron capture therapy and volumetric modulated arc therapy for patients with brain cancer 8th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics Osaka
2017/11/12 中原隆太、川守田 龍、岡田 亘、岸本 瞬、久保和輝 放射線治療部門における 議事録データベースシステムの構築 第19回大阪病院学会 大阪
2017/9/15-17 Ryuta Nakahara, Ryu Kawamorita, Wataru Okada, Shun Kishimoto, Kazuki Kubo, Yuta Nakasaka, Masayuki Kusawake, Kentaro Ishii and Toshifumi Nakajima Error detection of a 3D dose verification system using statistical tolerance value 8th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics 大阪
2017.9.15-17 Ryu Kawamorita, Shun Kishimoto, Kazuki Kubo, Ryuta Nakahara, Wataru Okada, Yuta Nakasaka, Masayuki Kusawake Kusawake, Shogo Matsuda, Ryo Ogino, Kentaro Ishii, Toshifumi Nakajima Effectivity of using novel margin recipe and anterior rectal wall registration to treatment planning for intermediate risk prostate cancer patients 8th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics Osaka
2016.12.9-12 久保和輝,門前一,田村命,石井健太郎,荻野亮,川守田龍,岡田亘,中原隆太,岸本瞬,今井琴子,中島俊文,西村恭昌 Dosimetric comparison of RapidPlan and manually optimized plan in volumetric modulated arc therapy for prostate cancer patients International Conference on Medical Physics (ICMP) 2016 Bangkok
2016.11.25-27 山永登志子,石井健太郎,島田千暁,岸本瞬,中原隆太,藤原真喜子,川守田龍,内山小津枝,中島俊文 前立腺VMAT後12カ月でのQOL変化  ~局所照射と全骨盤照射の比較~ 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会 京都
2016.11.25-27 久保和輝,石井健太郎,門前一,川守田龍,岡田亘,中原隆太,岸本瞬,今井琴子,荻野亮,中島俊文 Impact of overlap volume between PTV and rectum on prostate VMAT treatment planning 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会 京都
2016.11.25-27 川守田龍、岡田亘、中原隆太、岸本瞬、久保和輝、今井琴子、荻野亮、石井健太郎、中島俊文 The Role of Radiotherapy Technologists in safety and quality improvement. 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会 京都
2016.11.25-27 荻野亮、石井健太郎、今井琴子、久保和輝、岸本瞬、中原隆太、岡田亘、川守田龍、中島俊文 Initial experience of liver stereotactic body radiotherapy with volumetric-modulated arc therapy 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会 京都
2015.11.19 Ryo Ogino, Kentaro Ishii, Akira Yamamoto, Kazuki Kubo, Shun Kishimoto, Ryuta Nakahara, Wataru Okada, Ryu Kawamorita, Toshifumi Nakajima Initial experience with volumetric-modulated arc therapy for hepatocellular carcinoma 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会 前橋
2015.11.21 Ryuta Nakahara, Ryu Kawamorita, Wataru Okada, Shun Kishimoto, Kazuki, Kubo, Kotoko Imai, Toshifumi Nakajima, Kentaro Ishii, Ryo Ogino Development of database system for patient specific QA of intensity modulated radiotherapy 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会 前橋
2014.11.19-21 Ishii K, Okada W, Ogino R, Kubo K, Kishimoto S, Nakahara R, Kawamorita R, Ishii Y, Tada T, Nakajima T Optimal beam arrangement for stereotactic body radiation therapy in centrally located lung tumor using volumetric-modulated arc therapy 日本放射線腫瘍学会 第28回 学術大会 前橋
2015.10.31 川守田 龍 ノンテクニカルスキルについて 第10回九州放射線医療技術学術大会 宮崎
2015.4.16 Kazuki Kubo, Ryu Kawamorita, Wataru Okada, Ryuta Nakahara, Shun Kishimoto, Kentaro Ishii, Ryo Ogino, Toshifumi Nakajima Determination of multi leaf collimator positional tolerance using modulation complexity score (MCS) in the volumetric-modulated arc therapy (VMAT) for prostate cancer patients 第109回日本医学物理学会学術大会 横浜
2014.12.11-13 石井健太郎、荻野亮、岡田亘、久保和輝、岸本瞬、中原隆太、川守田龍、石井佳江、多田卓仁、中島俊文 危険因子を伴う肺腫瘍に対するVMATを用いた定位放射線治療 日本放射線腫瘍学会 第27回学術大会
横浜
荻野亮、石井健太郎、藤岡千暁、前田登志子、前濱多貴子、久保和輝、岸本瞬、中原隆太、岡田亘、川守田龍、中島俊文 VMATを用いた前立腺癌術後放射線治療における急性期有害事象についての初期報告
岡崎栄一郎、島谷康彦、石井健太郎、森本英之、松田尚悟、天野公輔、造酒慶喬、堤真一、細野雅子、三木幸雄 II期声門癌に対する通常分割照射および後期加速過分割照射の治療成績の検討
2014.4.10-13 石井健太郎、荻野亮、藤岡千暁、山永登志子、前濱多貴子、岸本瞬、中原隆太、岡田亘、川守田龍、中島俊文 A treatment planning and acute toxicity of whole-pelvis VMAT in the first 100 consecutive patients with high-risk prostate cancer 第73回医学放射線学会総会
横浜
2014.04.03-04.08 R. Ogino、K. Ishii、S. Kishimoto、K. Ichioka、R. Nakahara、W. Okada、R. Kawamorita、T. Nakajima A dose-volume intercomparison of VMAT and 3D-CRT for salvage radiation therapy after prostatectomy ESTRO 33
Vienna,
Austria
2013.10.18-20 石井健太郎、 荻野亮、藤岡千暁、 前田登志子、前濱多貴子、 岸本瞬、中原隆太、岡田亘、川守田龍、中島俊文 前立腺VMATでの骨盤照射と局所照射の治療計画結果と早期有害事象の比較 日本放射線腫瘍学会 第26回 学術大会

青森
荻野亮、 石井健太郎、岸本瞬、中原 隆太、岡田亘、川守田龍、 中島俊文 VMATを用いた前立腺癌術後照射と三次元照射との治療計画の比較
2013.9.22-25 K Ishii R Ogino, Y Hosokawa, C Fujioka, R Nakahara, W Okada, R Kawamorita, Y Hayashi, T Nakajima A treatment planning and acute toxicity of VMAT in the treatment of high-risk prostate cancer with whole pelvic radiotherapy ASTRO`s 55th Annual Meeting
Atlanta, USA
2013.4.11-14 石井健太郎、 荻野亮、藤岡千暁、 前田登志子、前濱多貴子、 市岡可奈子、中原隆太、岡田亘、川守田龍、中島俊文 高リスク群前立腺癌に対する骨盤照射併用RapidArcの治療計画結果と早期有害事象の検討 第72回医学放射線学会総会
横浜
2012.11.23-25 石井健太郎、中島俊文、岡田亘、中原隆太、市岡可奈子、川守田龍 高リスク群前立腺癌の全骨盤SIB-IMRT におけるVMAT とIMRT との比較 日本放射線腫瘍学会 第25回学術大会
東京

放射線治療科の研究発表実績



開催年月日 研究者氏名
(共同者含む)
演 題 発表会名 開催地
2015.2.28 岸本瞬,岡田亘,中原隆太,久保和輝,川守田龍 照射位置再現性に向けての取り組み コ・メディカル研究発表会
大阪

放射線治療科の研究会、その他実績



開催年月日 研究者氏名
(共同者含む)
演題 研究会名 開催地
2018.11.26-28 Kazuki Kubo Our current research in medical physics Joint Conference with radiation oncology Bangkok
2017/4/1 Kazuki Kubo, Hajime Monzen, Kentaro Ishii, Ryu Kawamorita, Mikoto Tamura, Yasumasa Nishimura Dosimetric comparison of RapidPlan and manually optimized plan in volumetric modulated arc therapy for prostate cancer Medical Physics Exchange Program Between Chulalongkorn University and Kindai University Bangkok
2017/3/11-12 Kazuki Kubo, Do-Kun Yoon, Hajime Monzen, Mikoto Tamura, Makoto Hirata, Tae Suk Suh, Yasumasa Nishimura Development treatment planning system based on Monte-Carlo simulation for boron neutron capture therapy The 5th International Symposium of Training Plan for Oncology Professionals Osaka
2017.6.3-4 川守田 龍 緩和的放射線治療の物理的・技術的役割 第132回放射線治療かたろう会一泊研修 大阪
2016.12.22 久保和輝 留学報告〜Catholic university in KoreaでのBNCT研究〜 第2回近畿大学・神戸大学・兵庫医科大学がんプロ合同研究会 神戸
2016.5.29 川守田 龍 IGRTのマージン算出にvan Herkの式は使えない 第128回放射線治療かたろう会 一泊研修会 大阪
2016.7.30 岡田 亘 汎用性放射線治療装置における呼吸性移動対策と治療戦略 放射線治療かたろう会 第14回システム研究分科会 大阪
2016.2.6 川守田 龍 大線量寡分割照射に備える 放射線治療かたろう会 第13回システム研究分科会 大阪
2016.1.30 岡田 亘 IGRTセミナー実習 放射線治療かたろう会 IGRTセミナー(Varian編) 大阪
2015.1.17/2015.2.28 岡田 亘 IGRTセミナー(Varian編)実習 放射線治療かたろう会 大阪
2014.11.08 荻野 亮 当院における再照射の経験 第4回関西高精度放射線治療計画研究会
大阪

放射線治療科の講師実績



開催年月日 研究者氏名
(共同者含む)
演題 講習会名 開催地
2015.7.4 川守田 龍 IGRTの臨床 日本放射線治療技術学会第41回放射線治療セミナー 名古屋
2015.5.9 川守田 龍 PDDからTMRの変換の理論と演習計算 第1回 関西地区放射線治療専門放射線技師認定機構主催統一講習会「スキルアップコース」 大阪

放射線治療科の座長実績



開催年月日 研究者氏名
(共同者含む)
演題 会名 開催地
2018.12.8 久保和輝 preかたろう会 第138回放射線治療かたろう会 兵庫
2018.12.3 川守田 龍 安心と親しみのコミッショニングサポートRapidCom 日本放射線技術学会近畿支部第62回学術大会 奈良
2018.10.13 川守田 龍 固定精度・位置照合 日本放射線腫瘍学会 第31回学術大会 京都
2018.10.12 川守田 龍 シンポジウム Deformable Image Registration (DIR) の基礎から応用まで 日本放射線腫瘍学会 第31回学術大会 京都
2018.10.4-6 川守田 龍 放射線治療リスク評価・被ばく線量 第46回日本放射線技術学会秋季学術大会 宮城
2018.9.21-23 川守田 龍 RapidPlan™ Knowledge-Based Planning Systemの概要と実践について 日本診療放射線技師会第36回学術大会 山口
2018.9.21-23 川守田 龍 放射線治療の質の均てん化 日本診療放射線技師会第36回学術大会 山口
2018.4.12-15 川守田 龍 放射線治療(治療計画 3) 第74回日本医学放射線技術学会 神奈川
2018.2.24 川守田 龍 放射線治療における医療安全-インシデント事例とヒューマンファクター- 7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン「第6回放射線療法講演会」 大阪
2018.1.20-21 久保和輝 ランチョンセミナー 日本放射線技術学会近畿支部第61回学術大会 和歌山
2017.11.19 川守田 龍 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会ランチョンセミナー 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会 大阪
2017.2.5 川守田 龍 各施設のニアミスインシデントに関する放射線治療体制 放射線治療チーム医療と医療安全に関するシンポジウム 兵庫
2017.1.29 川守田 龍 日本放射線技術学会近畿支部第60回学術大会 ランチョンセミナー 本邦における VARIAN 社製医療用直線加速器のビームデータ多施設解析- Golden beam data の精度および取り扱い方に対する検討 - 大阪
2016.12.3 川守田 龍 『The van Herk formula -その偉大さと使えない本当の理由-』放射線治療かたろう会 第130回放射線治療かたろう会一般公演 兵庫
2016.9.8-10 川守田 龍 医学物理学の発展に必要な医療安全の理解 第112回日本医学物理学会学術大会シンポジウム 沖縄
2016.4.14-17 川守田 龍 放射線治療IGRT QA/QC 第72回日本放射線技術学会総会学術大会 神奈川
2016.3.12. 川守田 龍 乳癌局所療法の今後の方向性 第127回放射線治療かたろう会特別講演 兵庫
2016.1.11 川守田 龍 Ⅱ部各施設のニアミスインシデントに関する放射線治療体制 放射線治療チームと医療安全に関するシンポジウム 東京
2015.11.28 川守田 龍 次世代線量評価のあり方~線量予測の重要性と生物学の融合~ 大阪大学大学院医学系研究科がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 大阪
2015.10.8 川守田 龍 放射線治療 位置照合 第43回日本放射線治療技術学会秋季学術大会 金沢
2015.9.18 川守田 龍 COMPASS system (IMRT検証 system)について 第110回日本医学物理学会学術大会 札幌
2015.4.18 川守田 龍 放射線治療位置精度・線量評価 第71回日本放射線技術学会総合学術大会 横浜
2015.3.28 川守田 龍 【Ⅰ部】困った症例・QA 第39回京都放射線腫瘍研究会 京都

放射線治療科の講演実績



開催年月日 研究者氏名
(共同者含む)
演題 会名 開催地
2018.12.17 川守田 龍 高精度放射線治療の実際 大阪大学医学部保健学科 大阪
2018.11.3-4 久保和輝 Optimization 日本放射線治療専門放射線技師認定機構主催治療計画実機講習会 東京
2018.11.3-4 川守田 龍 前立腺癌IMRTにおけるマージンの考え方 日本放射線治療専門放射線技師認定機構主催治療計画実機講習会 東京
2018.11.3-4 川守田 龍 乳房温存放射線治療におけるCTシミュレーション 日本放射線治療専門放射線技師認定機構主催治療計画実機講習会 東京
2018.9.2 久保和輝 IMRT,VMATの治療計画 第50回放射線治療セミナー 大阪
2018.7.21 久保和輝 Knowledge-based treatment planning systemを使いこなす-特性の理解とこれからの役割- 第16回放射線治療システム研究分科会 大阪
2018.7.14-15 久保和輝 MU計算演習 第12回RTT全国統一講習会-基礎コース- 大阪
2018.6.30-7.1 久保和輝 研究体験談-放射線治療- 日本放射線技術学会近畿支部平成30年夏季セミナー 兵庫
2018.6.23-24 久保和輝 MLCのQA/QC 平成30年度RTT実習型講習会 栃木
2018.1.29 川守田 龍 高精度放射線治療の実際 大阪大学医学部保健学科 大阪
2018.1.13 川守田 龍 画像からわかる? がん性疼痛 放射線治療の効果とその有害事象(副作用) がん性疼痛看護認定看護師研修会 大阪
2017/11/11-12 久保和輝 Optimization 日本放射線治療専門放射線技師認定機構主催 平成29年度実習型講習会(治療計画Eclipse) 東京
2017/10/28-29 久保和輝 MLCのQA/QC 日本放射線治療専門放射線技師認定機構主催 平成29年度実習型講習会(リニアック) 栃木
2017/10/21 久保和輝 放射線治療に携わる医学物理士の役割 神戸総合医療専門学校学友会 神戸
2017/7-15-16 久保和輝 MU手計算演習 第11回関西地区放射線治療専門放射線技師認定機構主催 全国統一講習会“基礎コース” 大阪
2017/3/18 久保和輝 RapidPlanが実現するplan qualityの標準化 第30回高精度放射線外部照射部会学術大会 仙台
2017.12.13 川守田 龍 チームで実現する放射線治療の実際 近畿大学医学部附属病院 第7回がん放射線療法研修 大阪
2017/12/3 放射線治療計画の変遷 日本放射線技術学会近畿支部主催 平成29年度超基礎講座 大阪
2017.11.21 川守田 龍 緩和的放射線治療の実際 第16回大阪緩和ケア連携カンファレンス 大阪
2017.11.11-12 川守田 龍 前立腺がんにおけるCTシミュレーション/PTVマージン 日本放射線治療専門放射線技師認定機構主催 平成29年度実習型講習会(治療計画Eclipse) 東京
2017.11.11-12 川守田 龍 乳がんにおける外部放射線治療計画 CTシミュレーション 日本放射線治療専門放射線技師認定機構主催 平成29年度実習型講習会(治療計画Eclipse) 東京
2017.3.25 川守田 龍 緩和的放射線治療における高精度照射とノンテクニカルスキル 平成28年度第4回沖縄放射線治療技術研修会 沖縄
2017.3.25 川守田 龍 IGRTのピットフォール 平成28年度第4回沖縄放射線治療技術研修会 沖縄
2017.2.25 川守田 龍 PDDからTMRへの変換理論 日本放射線治療専門放射線技師認定機構統一講習会第3回関西地区スキルアップコース 大阪
2016.12.16 島田千暁 「認定看護師としての取り組み~チーム医療を活かした実践活動~」 近畿大学医学部附属病院  がんセンター 第6回がん放射線療法研修 東京
2016.11.12-13 久保和輝 EclipseによるIMRT&VMAT planning〜Optimization〜 日本放射線治療専門放射線技師認定機構主催 平成28年度実習型講習会(治療計画) 東京
2016.11.12-13 川守田 龍 前立腺治療におけるマージン算出の考え方 日本放射線治療専門放射線技師認定機構主催 平成28年度第1回実習型講習会(治療計画) 東京
2016.7.23 島田千暁 認定看護師活動報告「チーム医療を活かした認定活動」 平成28年度 がん放射線療法看護認定看護師フォローアップ研修 京都
2016.5.15 川守田 龍 PDDからTMRへの変換理論 日本放射線治療専門盲者線技師認定機構統一講習会第3回関西地区スキルアップコース 大阪
2016.2.20 川守田 龍 Stereotactic Body Radiotherapy (SBRT)の現状について 平成27年度医療基盤活用型クラスター形成支援事業(沖縄県における高精度放射線治療の推進と安定提供に向けた基盤構築)診療放射線技師勉強会 沖縄
2015.7.14 川守田 龍 今後の課題としてのDICOM-RT 民間病院を中心とした医療情報連携フォーラム(MIRF)第12回総会 東京
2015.2.27 川守田 龍 乳房の放射線治療(IMRTも含めて)について 第11回北陸乳房画像研究会 金沢
2015.2.20 川守田 龍 臨床側から見た移行性に係る画像のあり方 日本画像医用システム工業会医用画像システム部会2014年度成果報告会と特別講演 東京
2015.2.27 川守田 龍 IGRTを有効に使うために 第8回南九州地域放射線治療技術合同研究会 鹿児島
2013.11.9 石井健太郎 VMATによる肺定位照射の臨床と課題 第8回放射線治療システム研究分科会
大阪
2012.9.1 石井健太郎、中島俊文、荻野亮、岸本瞬、市岡可南子、中原隆太、岡田亘、川守田龍 前立腺癌に対するVMATの治療計画結果ならびに早期有害事象の検討 2012 Varian Users Meeting
東京
2012.6.8 石井健太郎 高精度治療について 大阪春光懇話会 第56回 研究交流会
大阪
2011.11 石井健太郎 高精度放射線治療について 日本医師会生涯教育講座
多根総合病院 
大阪
2011.10 石井健太郎 当院での高精度放射線治療について きつこう会コメディカル学術研究会
きつこう会本部
大阪

放射線治療科の講義実績



開催年月日 研究者氏名
(共同者含む)
演題 学校名 開催地
2017.1.16 川守田 龍 高精度技術を用いた緩和的放射線治療 大阪大学医学部保健学科 大阪
2017.1.16 川守田 龍 高精度放射線治療について 大阪大学医学部保健学科 大阪

放射線治療科の司会実績



開催年月日 研究者氏名
(共同者含む)
演題 講座 開催地
2017/12/3 久保和輝 明日からできるIMRT・VMAT〜最適な治療計画への取り組み〜 日本放射線技術学会近畿支部主催 平成29年度超基礎講座 大阪

放射線治療科の初診 診療担当表

受付時間
午前
09:00~11:30
専門
完全予約制
[注1][注2]
松田 石井
松田
中島
松田
石井 萩野
  • [注1]放射線治療科は主治医の紹介状が必要です。
    [注2]担当医は当科で決定させていただきます。
  • 赤マスの日は休診です。

脳腫瘍放射線治療外来の外来担当表

受付時間
午前
09:00~11:30
初診
放射線治療
住岡
  • 赤マスの日は休診です。

看護外来(放射線治療センター)の外来担当表

受付時間
午前
10:00~12:00
放射線療法 島田
藤原
島田
藤原
島田
藤原
島田
藤原
島田
藤原
午後
13:00~15:00
放射線療法 島田
藤原
島田
藤原
島田
藤原
島田
藤原
島田
藤原
  • 初診に伴う料金
  • 3,000円(税別)
    ※他院の紹介又は緊急その他やむを得ない場合を除く
    ※紹介状をお持ちでない方は、保険外併用療養費(選定療養費)としてのご負担となります。

高度放射線治療センター