Radiotherapy│ 放射線治療の費用
MENU

放射線治療の費用のご案内

放射線治療は、健康保険で治療が受けられます。保険診療ですので、高額療養費の制度が利用できます。
*高額療養費制度の利用については、お持ちの健康保険窓口へお問い合わせください。

放射線治療の費用

放射線治療にかかる費用については、患者様のご病状、治療方法により異なります。

治療内容 治療費(窓口負担3割の場合)
乳がん温存術後の通常照射
(25〜30回治療の場合)
約20万円から25万円
(照射部位によって異なる)
乳がん温存術後の寡分割照射*1
(16回治療の場合)
約15万円
定位放射線治療 *2 約20万円
前立腺がんに対するIMRT(強度変調放射線治療)*3
(39回治療の場合)
約45万円

上記費用の他、初再診料、検査料が別途必要です。患者様のご病状、治療の経過により治療計画を変更する場合がございます。その際、管理料等が再度加算されます。
費用の詳細は診察時に説明します。その他不明な点がございましたら、スタッフまで気軽にお声掛けください。治療開始前の相談も可能ですので、お気軽にお問合せください。

*上記の金額は、令和2年厚生労働省告示の診療報酬点数に基づいています。

*1 寡分割照射とは、1回の照射線量を多くして、治療回数を少なくする照射方法の事です。一般的に、乳がんの通常照射は25回で行われますが、1回線量を多くし16回で行っても、治療効果や副作用の程度は変わらないと言われています。寡分割照射の適応については医師にご相談ください。

*2 定位放射線治療は、頭蓋内腫瘍を含む頭頸部腫瘍及び脳動静脈奇形、肺癌、肝癌又は腎癌、限局性の前立腺癌又は膵癌、転移性脊椎腫瘍、5個以内のオリゴ転移及び脊髄動静脈奇形に対する治療のみ保険が適応されます。また、治療回数に関わらず所定の料金をお支払いただきます。

*3 IMRT(強度変調放射線治療)は頭頚部・前立腺がん及びその他の部位の限局性の固形悪性腫瘍について保険が適応されます。

<自由診療の場合>

治療内容 治療費(自由診療の場合)
IMRT(強度変調放射線治療)*4 
(30回治療の場合)
約125万円
定位放射線治療 *2 約85万円

*4 IMRTは、治療回数によって金額が変わります。
※自由診療は、健康保険法に指定されている計算法に準じて計算した金額の10割負担に加え、固定具等の実費分、並びに自由診療の手続きに要する費用をお支払いただきます。

診療報酬について

※詳細は厚生労働省ホームページのサイト内検索「診療報酬」で検索してください

放射線治療の通常照射 に加えて、下記の高精度放射線治療もおこなっております。脳定位放射線治療および肺・肝臓の定位放射線治療。前立腺、頭頸部、頭部などのIMRT。

※その他、適応のある症例には、様々な部位へのIMRTも行なっております。

高精度放射線治療センター

病院・施設内における写真(動画)撮影及び録音について