骨転移のある前立腺がんの治療(ゾーフィゴ) | 放射線治療センター

ゾーフィゴ治療について

ゾーフィゴ®〔一般名:塩化ラジウム(223Ra)〕は、骨転移のある去勢抵抗性前立腺がん(男性ホルモンの分泌を抑える治療を実施しても病状が悪化する前立腺がんのこと)の治療薬として、世界で初めてアルファ線(α線)と呼ばれる放射線を用いた、骨に転移したがん細胞に対して治療効果を発揮する放射性医薬品です。

特徴

ゾーフィゴに含まれるラジウム-223には、骨の成分であるカルシウムと同じように骨に集まりやすい性質があり、注射で体内に送られると、代謝が活発になっているがんの骨転移巣に多く運ばれます。そして、そこから放出されるアルファ線が、骨に転移したがん細胞を攻撃します。

ゾーフィゴ治療で要となるアルファ線は、エネルギーが高く、細胞を破壊する力が強いという特徴があります。しかし、アルファ線の力が届く距離は体内で0.1ミリ未満と短いことから、正常細胞に影響を及ぼすことは比較的少ないとされています。


ゾーフィゴ治療について

ゾーフィゴ治療について

治療は4週間ごとに1回、静脈注射で投与します。最大6回の注射を受けたら、ゾーフィゴ治療は終了です。


ゾーフィゴ治療について

効果

*抗腫瘍効果により生存期間を延長することが国際共同第Ⅲ相試験で示されています。

早期治療が大切です

骨転移に伴うこうした症状は、患者さんの生活の質(QOL)を大きく低下させる原因になるばかりでなく、生存期間にも影響を及ぼすリスク要因となります(※1 ※2)。このため、できるだけ早い段階から適切な治療を始めて、病気の進行や症状を抑えることが大切です。これまでの骨転移に対する治療は、症状の出現を遅らせたり、症状を和らげることが中心でしたが、最近は、去勢抵抗性前立腺がんに対する新しい治療薬が登場したことで、症状の緩和に加え、*生存期間の延長も目指せるようになりました。

※1 Soloway MS et al., Cancer 1988:61(1):195-202

※2 Kazuo Yamashita et al., Cancer 1993: 71(4):1297-1302

副作用

骨髄抑制により血球減少がみられることがあります(貧血、血小板減少、好中球減少など)。その他、悪心、嘔吐、下痢、食欲減退、骨の痛み、疲労などおこることがあります。

→ゾーフィゴによる治療のお話と治療中の注意点はこちら


ゾーフィゴ®については、下記のホームページもご参照ください。

http://www.xofigo.jp/ja/patients/

社会医療法人きつこう会多根総合病院

社会医療法人きつこう会多根総合病院

〒550-0025
大阪市西区九条南1-12-21
TEL:06-6581-1071
FAX:06-6581-2520

大きな地図で見る

お問い合わせ

当院は、日本医療機能評価機構認定病院(ver5.0)です。
日帰り手術センター

国内最大級の実績と経験!
日帰り手術を専門に行う施設です。

内視鏡

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

多焦点眼内レンズ

遠くも近くも見やすい白内障治療。
最新の水晶体再建術

フェイキックIOL

角膜を削らない視力矯正で強度近視の方、角膜が薄い方も矯正可能になりました。

加齢黄斑変性

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

地域の皆様へ