鎮静剤・鎮痛剤の使用

眠っている間に内視鏡検査が
終わっている麻酔で
より楽に、安心して受けられます。

鎮静剤 / 鎮痛剤の使用
(意識下鎮静法)

「あれ?もう終わったんですか?」

意識下鎮静法は鎮静剤や鎮痛剤による静脈麻酔で熟睡するため、知らないうちに内視鏡検査が終わります。 しかし、全身麻酔ではないので大きな声で呼びかければ目を覚まし、「あれ、もう終わったんですか? 全然わかりませんでした。」と患者様はおっしゃいます。

大腸カメラでは、9割以上の方がこの意識下鎮静法を希望し検査を受けています。

麻酔薬は1,2時間効果がありますので、検査後は休んで頂いてから帰ります。

自転車などを自分で運転して帰宅することはできません。

胃カメラの時にも意識下鎮静法をご希望される方

当院では胃カメラを少しでも楽に受けて頂けるように経鼻内視鏡での検査をおすすめしています。しかし、人によっては経鼻内視鏡検査でも嘔吐反射(えずき)が強く出る方もいらっしゃいます。このような方に対しては、意識下鎮静法での検査も選択できます。
※日帰り手術センターへの入院予約が必要となりますので、外来診察時に医師にご相談ください。
(半日程度の入院で検査することができます)

胃カメラと大腸カメラを同時・同日に希望される方

意識下鎮静法を利用して「ついでに胃カメラもしたい」方は大腸カメラ時の麻酔が効いている間に胃カメラを行い、1日で胃と大腸両方することも可能です。

※日帰り手術センターへの入院予約が必要となりますので、外来診察時に医師にご相談ください。

内視鏡センターからの
お知らせ & トピックス

NEWS