大腸カメラの下剤を飲まなくてよい!

~経鼻内視鏡的モビプレップ(下剤)注入法~


大腸カメラの挿入技術の向上と麻酔により検査自体の苦痛が解決されつつある現在、問題となるのは検査前の多量の下剤の内服です。下剤の味の問題や、1L(以前は2L)という依然として大量の液体を内服しなければならないことは患者様にとって負担となります。

この1Lを内服するという負担を、胃カメラ検査の最中に下剤を胃や十二指腸に注入する「経鼻内視鏡的モビプレップ注入法(以下MOV注)」により軽減できます。

具体的な方法は、えずきの少ない経鼻内視鏡を利用し、胃カメラ開始直後に十二指腸で500ml、胃の観察が終了した時点で胃内に500mlを注入し、食道を観察して胃カメラを終了するという手順です。胃カメラの観察の質は低下しません。

胃カメラ終了後20~30分後より排便が始まり2時間程度で洗腸が完了しますので、通常通りの鎮静剤を使用した大腸カメラを午後に施行し夕方に帰宅します。「下剤を飲まなくてよい」ことと「1日で胃と大腸両方検査できる」という一石二鳥の方法です。

※希望される方や興味のある方は、消化器内科外来を受診してください。


経鼻内視鏡的モビプレップ(下剤)注入法

内視鏡検査においてご質問・ご相談はお気軽に連絡ください。

TEL.06-6581-1071/内視鏡センター(代)


社会医療法人きつこう会多根総合病院

社会医療法人きつこう会多根総合病院

〒550-0025
大阪市西区九条南1-12-21
TEL:06-6581-1071
FAX:06-6581-2520

大きな地図で見る

お問い合わせ

当院は、日本医療機能評価機構認定病院(ver5.0)です。
日帰り手術センター

国内最大級の実績と経験!
日帰り手術を専門に行う施設です。

高精度放射線治療

放射線治療科を創設。
高精度放射線治療が可能に!!

多焦点眼内レンズ

遠くも近くも見やすい白内障治療。
最新の水晶体再建術

フェイキックIOL

角膜を削らない視力矯正で強度近視の方、角膜が薄い方も矯正可能になりました。

加齢黄斑変性

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

地域の皆様へ

内視鏡センター

外来のご案内

診察のご予約

06-6585-2729

診療予約について

【総合病院受付】06-6581-1071

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:30
診療科で異なります。
平日(午後) 診療科で異なります。
土曜(午前) 診療科で異なります。

受付時間については、外来担当表又は、予約時にご確認下さい。

外来担当表