数字が意味するものは、積み重ねた実績と
地域の皆様の信頼の数だと感じております。

社会医療法人きつこう会は、基幹病院である多根総合病院が今年70年(創設当時は、多根病院)を迎えました。
70年の節目の年にこれまでの実績をあらためて数値として再認識していくことで、これまでの実績を重く感じると共に信頼を頂いたひとつひとつの積み重ねとして誇らしく感じております。 ここでは、数値を中心に様々な実績を紐解いてみます。

Medical data
数値データ

8,000
救急件数

8,000台は、多根総合病院が1年間に受け入れる
救急車の台数です。1日平均役22台です。
ほぼ1時間に1台は受け入れているイメージです。

多根総合病院の1階救急対応のエントランスには、救急車が毎日20台以上到着します。
1階救急センターは、広く明るい環境になっております。地域医療の要である救急医療に力を入れております。
日々、救急搬送される患者さまを対応します。ここに来れば一安心と思っていただけるような病院で有りたいと思います。
500
年間ケアプラン

500件は、KHSの居宅支援事業所が1年間に
制作するケアプランの件数です。
ケアプランは、1人ひとりに合わせたオーダーです。

多根総合病院居宅支援事業所は、3拠点の中でも最も大きな組織で11名体制です。西区から大正区まで広く対応しています。
江之子島コスモス苑居宅支援事業所では、4名のケアマネジャーが活躍しております。
港区の天保山では、3名体制です。港区エリアのケアプランを行っております。
33,000
日帰り手術件数

33,000件は、多根総合病院が1998年から
現在までの日帰り手術の件数です。
そけいヘルニアの日帰り手術件数は、日本で最も多いです。

多根総合病院の日帰り手術は、手術室に隣接した専用の環境を整えております。
日帰り手術の対象疾患は、外来受診から日帰り手術センターをご利用いただきます。
専門の医師が、最初から退院まで担当します。
日帰り手術の看護に特化した、DSコーディネーターという専門職の看護師が、入院の説明から退院までをサポートします。
2,150
累積IMRT症例数

2,150件は、高度放射線治療の件数です。
IMRT(強度変調法線治療)を2011年9月からの
治療件数です。大阪府がん診療拠点病院としての
役目を担っております。

2011年6月に新設された法線治療科では、高精度放射線治療装置(ノバリス-Tx)を導入し、IMRT(強度変調放射線治療)・定位放射線治療などの高精度治療から従来の通常照射にいたるまで、幅広い放射線治療を実施しております。
患者さまの状態に応じた最適な治療を計画し、実行しています。2016年から保険適用となった定位放射線治療では、頭部・肺・肝臓・前立腺の治療も実施しております。ますます高まる放射線治療のニーズを感じております。
制度の高い放射線治療を実現するためには、日々の調整作業とメンテナンスは欠かせません。当院では、すべての作業を放射線技師が行います。 治療に携わる医療の知識と、放射線治療機器を最善に保つ技術者としての技術はとても重要な要素になります。