乳腺センターの特徴

平成30年7月より新たに乳腺センターを立ち上げ、乳がんや乳腺良性腫瘍、乳腺炎など乳腺疾患全般について、診断や治療を行っています。  今や乳がんは成人女性の11人に1人の割合でかかると言われており、女性のかかるがんの一位で、年々増加の傾向にあります。 乳がん患者は、30歳代後半から急激に増加し40代後半から50代、60代の罹患率が高くなります。 患者数の多い40歳代、50歳代は、職場などでの社会的な責任が増したり、子供の進学など家庭的にも重要な時期で、こうした時期に発症しやすい乳がんへの対応は、社会的にも重要な課題となっています。 30歳になれば、自己検診を中心に必要に応じてや乳がん検診を、40歳以降は定期的に乳がん検診を受けましょう。


当院では大阪市の乳がんの住民検診を受けることができます。また精密検査機関でもあります。乳がん検診で異常を指摘されたり、ふとした時に、乳房に硬いしこりをふれたことはありませんか? 乳房に対し少しでも気になる方は、乳腺外来(月、火、木の午後、水曜日の午前)を受診ください。乳癌学会の専門医・認定医が担当しております。


乳がんは診断から治療まで多岐分野にわたるため、高度な専門的知識や技術が要求されます。乳線センターでは乳腺外科医だけでなく形成外科、病理診断科、放射線治療科、薬剤師、技師、看護師とともにチーム医療を実践しております。また病気の進行があれば緩和チームの加療も必要になります。日進月歩の乳がん診療ですが、原則的には乳癌学会の最新のガイドラインに基づいて手術、薬物療法、放射線治療を選択しております。


このように診断、手術、薬物療法、術後放射線治療、長期の経過観察、緩和治療など一貫して出来る当施設での治療をお勧めいたします。

治療方針

日本乳癌学会で発行されているガイドラインに沿って治療を行っております。
かなり複雑なところもありますがわかりやすく説明させていただき治療方針を決定させていただきます。

主な検査

  • マンモグライ
  • 超音波
  • MRI、CT、シンチ
  • 細胞診
  • 画像ガイド下組織診(バコラ)

対象疾患

乳癌、乳腺良性腫瘍、乳腺炎など

主な治療

  • 乳房温存療法、胸筋温存乳房切除、センチネルリンパ節生検
  • 乳房再建(一期、二期)
  • 術前・術後化学内分泌療法
  • 放射線治療

乳腺科の医師・スタッフ

西 敏夫(にし としお))
西 敏夫(にし としお)
外科 副院長 乳腺センター長
専門乳腺
資格・所属日本外科学会指導医・専門医/日本乳癌学会指導医・専門医/日本消化器外科学会指導医・専門医/日本乳癌検診学会評議員/日本臨床外科学会評議員/近畿外科学会評議員/大阪大学医学博士/マンモグラフィ読影医
日本外科学会/日本乳癌学会/日本臨床外科学会/日本消化器外科学会/日本乳癌検診検診学会/近畿外科学会/日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
メッセージエビデンスに基づいて、安心していただける治療を心がけています。
森 琢児(もり たくじ)
森 琢児(もり たくじ)
外科部長/卒後臨床研修センター長
専門消化器外科(特に上部消化管)/腹腔鏡外科治療(特に腹腔鏡下胃切除)/内分泌外科
資格・所属大阪大学医学博士/大阪市立大学臨床教授/日本外科学会 認定医・専門医・指導医 /日本消化器外科学会 認定医・専門医・指導医 /日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医 /日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医 /日本消化器病学会専門医・指導医/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医 /日本食道学会食道科認定医/日本乳癌学会認定医 /マンモグラフィ読影資格医 /日本DMAT/大阪DMAT /米国外科学会外傷トレーニングコース(A.T.O.M.)修了 /JATEC修了
日本外科学会/日本消化器外科学会 /日本臨床外科学会 /日本内視鏡外科学会 /日本消化器病学会 /日本胃がん学会 /日本食道学会 /日本外科系連合学会 /日本ヘルニア学会 /乳がん学会 /日本静脈経腸栄養学会 /日本短期滞在外科手術研究会
メッセージ患者さまの立場に立った診療を心掛けています。好きな言葉は一期一会です。
趣味はテニスです。 【2005 米国Santa Monica Tennis Tournament優勝/2005 米国Wetcher Tennis Tournament3位/2008 大阪オープンベテラン(40歳以上)優勝/2009関西オープンベテラン(40歳以上)ベスト16/2009全日本ローンコート選手権出場】

乳腺科の外来担当表

受付時間
午前 9:00~
 11:30
専門
外来
- -
乳腺
- - セカンドオピニオン
予約制
午後 13:00~
 15:00
専門
外来

乳腺
西
乳腺
- 西
乳腺
- -
  • セカンドオピニオンをご希望の方は原則土曜日予約制とさせていただきます。
  • 青字は診療科目、赤字は再診予約の方のみとなっております。赤マスの日は休診です。
  • 全診療科で予約診療制度を導入しております。
  • 初診、再診に関わらず、あらかじめ予約センターにて診療予約が可能です(予約センター直通電話番号:06-6585-2729)。
  • 都合により、休診または代診となる場合がございます。ご了承下さい。

関連リンク

多根総合病院のご案内

診察のご予約

06-6585-2729

06-6585-2729

診療予約について

【総合病院受付】06-6581-1071

【総合病院受付】06-6581-1071

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:30
診療科で異なります。
平日(午後) 診療科で異なります。
土曜(午前) 診療科で異なります。

受付時間については、外来担当表又は、予約時にご確認下さい。

外来担当表

多根記念眼科病院のご案内

お問い合わせ

06-6581-5800

06-6581-5800

初診のながれ

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:00
平日(午後) 13:30~15:30
土曜(午前) 8:30~11:00

土曜日の午前と平日の午後は
他院からの紹介状をお持ちの方のみ受付しております。

外来担当表

日帰り手術センター

国内最大級の実績と経験!
日帰り手術を専門に行う施設です。

高精度放射線治療

放射線治療科を創設。
高精度放射線治療が可能に!!

内視鏡

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

多焦点眼内レンズ

遠くも近くも見やすい白内障治療。
最新の水晶体再建術

フェイキックIOL

角膜を削らない視力矯正で強度近視の方、角膜が薄い方も矯正可能になりました。

加齢黄斑変性

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

地域の皆様へ