研修医の皆さまへ

臨床研修制度が変革され、10年が経ち臨床研修のあり方が問われております。 臨床研修とは何か?本来の研修の変更の目的であった“全身が診れる医師”の養成から、研修医を集めるためのシステム、プログラムに多くの病院で変更されています。
当院では当初の理想の通り内科、外科、救急、麻酔科などをはじめ研修中に勉強していただき“全身が診れる医師”の養成を目指しております。これはこれから何を専門にするにしろ、最初の2年間で勉強したことがすべての基礎となり、大きく専門分野で羽ばたくために必要であると考えているからです。当院での研修終了後には”骨太の医師”として活躍できるようになっています。
卒後臨床研修センター長 森 琢児

卒後臨床研修センター長
森 琢児

当院は大阪でも有数の救急症例を誇っております。研修医にも必要十分な症例を経験してもらい、研修終了時にはどこにいっても負けないだけの臨床力が備わります。また外科・内科・消化器センターの症例数も非常に多く、大阪の癌拠点病院に指定されています。外科の年間全身麻酔症例は1,000件を超えています。特に、日帰り手術センターでは年間2,000件以上の手術件数があり、全国的にも高い評価を受けています。
また、脳梗塞tPA治療をはじめとした、脳神経脊髄センターでの集学的脳卒中治療のほか、心血管インターベンション治療、各種の鏡視下胸部・腹部手術、集学的癌治療、泌尿器科、整形外科医療など、当院での研修により高度で専門的な医療を幅広く学べます。
学会発表においても多くの機会を設けております。地方会を始め、全国学会でも発表を行っています。意欲のある研修医は海外でも発表しています。ここ2年は地方会の年間優秀賞をとるなど研修医の先生の活躍はとどまるところを知りません。大阪市大とも共同カンファレンスを行い、他院の研修からも大きな刺激を受ける機会もあります。また、大阪では経験できない僻地医療を青森県関診療所で経験できるようになっています。さらに医局間の垣根を越えたチーム医療を目指しているほか、複数科において専門医資格取得を目指した後期研修への移行も可能です。

しかし何より研修医の先生を含めて、家族的な環境、雰囲気があります。研修医一人の悩み、問題、喜びをみんなで分かち合い、一緒に成長してもらえます。そして当院の研修卒業生は当院の家族であり当院での研修修了後も、定期的に集まりをもち当院はみなのふるさとでもあります。 平成23年3月からは京セラドーム大阪に隣接した地上12階建て新病院へ移転しました。引き続き、災害時対応を含め地域住民から信頼される医療機関として発展していきたいと思っております。  このように今後どのような科に進むにしても必要な経験、知識が養われる環境が整っています。そして熱い気持ちをもった先生たちにこたえうる仲間がここにはあります。ぜひ我々のもとに飛び込んでください!後悔はさせません。

学生の皆さまへ

多根病院は、検診・クリニック・急性期・リハビリ・慢性期という一連の医療の中で、急性期を担当する病院です。
研修の特徴としては、頭痛・胸痛・腹痛などの急性の症状からどのような病気であるか鑑別し、必要に応じて入院にて専門的な加療を行い、場合によりリハビ リを経て社会復帰・家庭復帰・慢性期へと移行して行くという流れに、かなり主体的な立場として参画できることがあげられます。

平成18年度臨床研修医 永田 崇先生

平成18年度臨床研修医
永田 崇先生

治療というものは急性期を乗り切ることだけではなく、いかに社会復帰して行くかが非常に大切です。入院される多くの方はご年配であり、残念ながら元通りの健康な状態になる方ばかりではありません。そのような方の経過も身をもって体験できることは有用ではないでしょうか。
また、救急では心肺停止状態の方から軽い感冒の方まで幅広い層の患者をこれもかなり主体的な立場にて診ることができます。これは将来何科に進むにせよ有用なことです。
その他、手技の面でも上達にあわせた指導の下に、かなり高度な技術をも習得することが出来ます。また今年度より“The Washington Manual of Medical Therapeutics”を用いた英語の勉強会も指導医の下、開始しました。体力的にはハードな面もありますが、臨床家としての実力を養うには非常に充実した研修が受けられると思います。

現役研修医からの現場感想

  • 内科・外科といったメジャーどころを研修するにはたいへんよいと思いました。
  • 病院の規模も大きすぎないので、自ら動けるのがありがたい。
  • 外科と救急で場数が踏めたおかげで、救急の現場でも初めほどビビらなくなりました。
  • 今後は標準化されてくる電子カルテに触れられて、その利便性に感激しました。
  • 比較的自分の時間が持てる事により、勉強・プライベートとともに充実した日々が送れる。
  • 各科にそれぞれスペシャリストがいてたいへん勉強になる。
  • 救急外来ではプライマリな疾患から、三次救急に近い症例まで多彩な患者さんを診療することができる。
  • 病棟では、やる気さえあれば何でも出来るし、聴く気さえあれば何でも教えてもらえる。
  • 普通より少し忙しい病院かもしれないが、意義のある研修を受けての忙しさであり、なおかつ自分の時間も充分確保できる病院だと思います。

臨床研修についてのお問い合わせはお気軽に!

TEL.06-6581-1071 FAX.06-6581-2520

E-mail.info@tane.or.jpE-mailでのご質問には担当スタッフが折り返し返信します

医療関係者の方へ

地域連携窓口

かかりつけ医、医療関係者の
方が当院と連絡取る際

臨床研修センター

随時病院見学を行っています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

看護部

就職、転職でお悩みの方へ
看護師募集中です!!

KHSブログ紹介

多根訪問看護ステーション

訪問看護ステーションの看護師が日頃の仕事や訪問看護の魅力をお伝えします

ホームヘルプサービス

コスモス苑の訪問介護士の何気ない気づきや、日々のお仕事から感じたことを記事にしています。