神経内科の特徴

当院の神経内科では、脳卒中や意識障害・痙攣・頭痛などの神経救急疾患、パーキンソン病・多発性硬化症などの神経変性疾患、および末梢神経障害などの診療にあたっています。 特に、脳卒中症例は脳神経外科と共同で脳卒中センターを運営しており、24時間365日患者搬送を受け入れています。


虚血性脳卒中(脳梗塞・一過性脳虚血発作)だけで年間約390件以上の入院症例があり、rt-PA療法適応症例が多いのも特徴です。また、回復期リハビリテーション病院を併設しているため、急性期から回復期までのリハビリテーションにも力を入れています。

神経内科の外来担当表

受付時間
午前 9:00~11:30 初診/
再診
予約のみ
杉山 柳原 白石 - 北村
吉田
-
午後 14:00~16:00 初診/
再診
予約のみ
担当医 松原 - 担当医 - -
  • 青字は診療科目、赤字は再診予約の方のみとなっております。赤マスの日は休診です。
  • 都合により、休診または代診となる場合がございます。ご了承下さい。

神経内科の実績

2012年度外来患者数 2013年度外来患者数
初診 220人/年 246人/年
再診 3097人/年 3032人/年
入院患者数 年間患者数
疾患分類 疾患名 2012年度 2013年度
脳血管障害 脳梗塞,脳出血 389人/年 408人/年
神経変性疾患 パーキンソン病など 48人/年 52人/年
神経感染症 脳炎,髄膜炎など 15人/年 41人/年
自己免疫性疾患 肥厚性硬膜炎など - 11人/年
脱髄疾患 多発性硬化症など 15人/年 8人/年
認知症性疾患 アルツハイマー病など 37人/年 -人/年
末梢神経障害 ギランバレ症候群など 35人/年 25人/年
筋疾患 多発筋炎など 1人/年 4人/年
脊椎疾患 頸椎症など - 11人/年
神経筋接合部疾患 重症筋無力症など - 4人/年
機能性疾患 片頭痛など - 86人/年
てんかん 91人/年 86人/年
中毒性神経疾患 薬物中毒など 11人/年 13人/年
代謝性神経疾患 栄養障害,甲状腺機能障害
ミトコンドリア異常症など
11人/年 10人/年
精神疾患・その他 - 39人/年
合計 653人/年 798人/年

神経内科の医師・スタッフ

柳原 武彦(やなぎはら たけひこ)
柳原 武彦(やなぎはら たけひこ)
学術顧問
専門神経内科
資格・所属日本神経学会専門医・指導医/日本脳卒中学会専門医/日本内科学会認定内科医 所属学会/
日本神経学会/日本脳卒中学会/日本脳循環代謝学会/日本内科学会
メッセージ
青池 太志(あおいけ ふとし)
青池 太志(あおいけ ふとし)
部長
専門神経内科
資格・所属日本神経学会専門医・指導医/日本内科学会認定内科医/
日本神経学会/日本脳卒中学会/日本内科学会
メッセージ
白石 翔一(しらいし しょういち)
白石 翔一(しらいし しょういち)
副部長
専門神経内科
資格・所属日本神経学会専門医/日本内科学会認定内科医・指導医/日本脳卒中学会脳卒中専門医
日本神経学会/日本脳卒中学会/日本内科学会
メッセージ
松崎 丞(まつざき じょう)
松崎 丞(まつざき じょう)
副部長
専門
資格・所属神経内科専門医/脳神経血管内治療専門医/脳卒中専門医/脳神経超音波検査士/日本DMAT隊員
日本神経学会/日本脳神経血管治療学会/日本脳卒中学会/日本脳神経超音波学会/日本内科学会
メッセージ
杉山 慎太郎(すぎやま しんたろう)
杉山 慎太郎(すぎやま しんたろう)
医長
専門
資格・所属日本内科学会認定内科医/日本神経学会専門医
日本神経学会/日本脳卒中学会/日本内科学会
メッセージ

多根総合病院のご案内

診察のご予約

06-6585-2729

診療予約について

【総合病院受付】06-6581-1071

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:30
診療科で異なります。
平日(午後) 診療科で異なります。
土曜(午前) 診療科で異なります。

受付時間については、外来担当表又は、予約時にご確認下さい。

外来担当表

多根記念眼科病院のご案内

お問い合わせ

06-6581-5800

初診のながれ

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:30
平日(午後) 13:30~15:30
土曜(午前) 8:30~11:00

土曜日の午前と平日の午後は
他院からの紹介状をお持ちの方のみ受付しております。

外来担当表

日帰り手術センター

国内最大級の実績と経験!
日帰り手術を専門に行う施設です。

高精度放射線治療

放射線治療科を創設。
高精度放射線治療が可能に!!

内視鏡

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

多焦点眼内レンズ

遠くも近くも見やすい白内障治療。
最新の水晶体再建術

フェイキックIOL

角膜を削らない視力矯正で強度近視の方、角膜が薄い方も矯正可能になりました。

加齢黄斑変性

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。