2017第7回ハンドボール女子ユースアジア選手権日本代表帯同ドクター報告

2016年より日本ハンドボール協会に所属し、自身としては初めての代表帯同ドクターとして活動してきました。大会は2017年8月20日〜28日にインドネシアのジャカルタで開催されました。2018年のポーランドで開催される世界選手権への出場権もかかる重要な大会であります。

帯同ドクターの役割を中心に報告したいと思います。

2017第7回ハンドボール女子ユースアジア選手権日本代表帯同ドクター報告
チームメンバーと松村医師(左上)
ジャカルタ 市内の渋滞
ジャカルタ 市内の渋滞

チームは2017年8月14日より直前合宿を東京で行い、8月18日開催地であるインドネシアのジャカルタへ合宿地より朝7時から向かいました。フライトは約7時間でした。滞在先まではジャカルタ名物の一つである道路渋滞により3時間のバス移動があり、最終的に夜の9時ころ到着となりました。ユース世代でもあり長期フライトや海外が初めての選手が半数以上であり、出発前より移動時の注意点(マスク着用など)、機内での過ごし方などについて講義をするなど体調管理に務めます。

ホテルの食事
ホテルの食事

滞在先は大会組織委員会により提供されたホテルとなります。韓国、中国、カザフスタンと同じホテルに滞在します。ある程度のサービスやアメニティーは揃っており通常に滞在する分には問題なかったのですが、やはり日本のサービスや食事に慣れていると物足りない部分がありました。空調やシャワーの水圧(湯船なし)、部屋の臭い、ホテルスタッフの対応の遅れなど、随時現地ガイドを通じて対応します。基本的な語学力(主に英語)が求められ通訳としても活動します。食事のバリエーションは少なく2−3日で1周し、バイキング形式でほぼ3食全てホテル内で済ませます。

揚げ物やスパイシーな味付けなどで十分摂取できず、栄養状態にも関与するため、炊飯器をチームで持参しフリーズドライの製品を日本より持ち込みます。ホテルシェフにも味付けやメニューなどできる限り交渉します。生野菜や水道水では食あたりを起こすと言われており、野菜ジュースや、ミネラルウォーターを使用したり、胃腸環境の調整のために乳製品を積極的にとります。

また8月の乾季であり、非常に暑いとのことで熱中症に注意し十分な水分摂取を促しました。実際は最高気温も滞在期間中は32-33度程度で日本の高温多湿の環境よりは過ごし易い状態でした。主に競技場で割り当てられた時間での練習となり、炎天下でのトレーニングは必要最小限としました。また蚊による感染症の媒介も懸念されたため、忌避剤を充分量持参していきました。乾季でありまだ蚊としては少ないようでしたが、それでも大量にいる印象でした。

帯同ドクターの役割は、外傷・傷害の発生時の対応以外に多岐にわたります。上述した衣食住環境の調整もしかり、選手のコンディショニングの調整も重要であります。毎日、体重、体温、脈拍、睡眠について選手自身にて測定し、チェックシートに記入してもらいました。また体の水分バランスもパフォーマンスにも影響するため、脱水の評価を尿比重測定にて行いました。自身で体の状態を把握できるようにし、問題のある選手には個別にアプローチしました。気候や食事環境の違いなどもあり、滞在期間中十分な水分摂取ができていたとは言えず、選手は脱水傾向にありました。より水分摂取の重要性を説く必要があると思っています。

大会を通して登録メンバーとして外れるような、大きな外傷や疾病はなく経過しました。懸念された胃腸障害も体調管理もあってか、選手では4名程度の腹痛と下痢がありましたが、練習やゲームと可能な状態でした。

ドクタールームに超音波検査機器を設置
ドクタールームに超音波検査機器を設置

私自身帯同するにあたり、新たな試みとしては日常診療で超音波検査機器を用いた診断や治療を行なっており、海外遠征には有用であろうと考え関係各所にご協力いただき、1台検査機器をスーツケース1個に入れ持参しました。実際に足関節の捻挫が2選手に起こり、靭帯損傷や骨折などがないことを即時に診断でき、安心してトレーナーによるケアをしていただき、翌日の練習や試合へも復帰しています。

スタッフは監督、コーチ、トレーナーとドクターである私の4人であり日々コミュニケーションをはかり、情報を共有し選手の状態を把握することや様々な心情などにも配慮する日々でありました。監督に様々な配慮をいただき急造チームではありますが、連携不足にならないように活動でさせてもらえたと考えています。

ベンチ入りし国歌斉唱
ベンチ入りし国歌斉唱

大会ですが、7カ国で総当たり戦です。最終日に宿敵である韓国戦を控えていましたが、初戦が近年力をつけてきており、体格で勝る中国戦でありました。初戦と初めての国際大会の緊張などもあり、リードは保つものの油断を許さないゲーム運びでありました。最終的に組織力と走力で勝る日本が10点差以上をつけ勝利しました。以後連勝を重ね、最終日の韓国戦にお互い無敗でのぞみました。大会6連覇中の韓国の壁は厚く、2位で大会を終えました。しかし、世界選手権の出場権は獲得しました。選手、スタッフ共々雪辱に燃える想いであります。大会期間中、他国と比べると小柄ながら、掛け声の大きさや礼儀正しさ、プレーへの熱心さ、スピードなど、まだ幼さの残る容姿から発せられる思いがけないプレーが開催国であるインドネシアの人々の目に止まり、日に日に日本を応援する人が増えてきていました。ユース世代とはいえ日本を代表するチームであり、他国の人々の心も動かせているチームの一員として非常に誇らしく思いました。

医科学スタッフとして、帯同でのより充実したサポートを今後も心がけるともに、帯同での活動のみならず、日頃からのサポート体制にも携わり研鑽していく所存であります。最後になりますが、直前合宿も含め約2週間もの間病院を不在にし、ご迷惑をおかけしました患者さん、病院スタッフの皆様に心より感謝を申し上げます。

韓国戦の開始前 お互いの検討を讃えあう
韓国戦の開始前 お互いの検討を讃えあう

多根総合病院のご案内

診察のご予約

06-6585-2729

06-6585-2729

診療予約について

【総合病院受付】06-6581-1071

【総合病院受付】06-6581-1071

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:30
診療科で異なります。
平日(午後) 診療科で異なります。
土曜(午前) 診療科で異なります。

受付時間については、外来担当表又は、予約時にご確認下さい。

外来担当表

多根記念眼科病院のご案内

お問い合わせ

06-6581-5800

06-6581-5800

初診のながれ

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:00
平日(午後) 13:30~15:30
土曜(午前) 8:30~11:00

土曜日の午前と平日の午後は
他院からの紹介状をお持ちの方のみ受付しております。

外来担当表

日帰り手術センター

国内最大級の実績と経験!
日帰り手術を専門に行う施設です。

高精度放射線治療

放射線治療科を創設。
高精度放射線治療が可能に!!

内視鏡

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

多焦点眼内レンズ

遠くも近くも見やすい白内障治療。
最新の水晶体再建術

フェイキックIOL

角膜を削らない視力矯正で強度近視の方、角膜が薄い方も矯正可能になりました。

加齢黄斑変性

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

地域の皆様へ