救急科からのお知らせ

当院が日本救急医学会指導医指定施設に認定されました。

img09

2016年1月から、当院が日本救急医学会指導医指定施設に認定されました。今後も地域の救急医療に貢献してまいります。
※2016年1月現在で認定されている施設は109施設のみです。



アメリカ各地の現役救急医が毎月当院にやってきます!

img01

実施期間:2017年6月~2018年3月の10ヶ月間 週2回(水曜日・金曜日、不定期)
実施会場:多根総合病院 救急外来

対象:救急に情熱を燃やす全ての人々(職種制限なし、年齢制限なし、参加無料)

ご意見や見学など、本件に関するお問合せは
電話:06-6581-1071(代)救急科 野口
メール:info@tane.or.jp
または tane_er@tane.or.jp

右の画像をクリックで拡大してご覧いただけます。

救急科の概要

放射線科

救急科では24時間365日ノンストップで、さまざまな急性傷病患者を最初に診察し、生命危機、緊急度、重症度を迅速かつ的確に診断し、適切なプライマリケア(初期診療)の提供と専門各科、SCU(脳卒中集中治療センター)、CCU(冠血管集中治療センター)、GICU(一般集中治療センター)への即時連携を目指して日々努力しております。


理想的な救急医療体制の実現に向け、中央検査部門も24時間体制で対応しております。 当医院は平成16年1月より日本救急医学会専門医指定施設として認定されています。また、メディカルコントロール参画病院として大阪市地域病院前救護体制の充実にも力を注いでおります。

救急科の特徴

救急科の特徴

新病院移転とともに、救急科は設備と空間を大きく拡張し、受け入れ態勢の強化を図りました。広々とした処置室、ベッドは10台設置可能となっております。救急科の処置としての対応が終わると各科治療プロセスに移動します。

CT・X線撮影装置を救急科内に設置
CT・X線撮影装置を救急科内に設置
外傷センター
外傷センター
 

「急を救う医療」最前線で出来ること

救急科:安部 嘉男
救急科:安部 嘉男

私たちは、救急医療を提供するチームです。さまざまな状況の患者様に対応できる万全の体制は、今まさに求められる「急を救う」という医療現場そのものです。


当院の平成25年度では、年間6,545件の救急を受け入れておりました。これからは、その数値に裏付けられた、地域の皆さまの期待に応えられるような取り組みを行ってまいります。 全ての応需可(受け入れます)を目指します。

「急を救う医療」最前線で出来ること

急患(救急)で搬送される患者さまのほとんどが不安と恐怖を感じておられます。


どの様な事態においても冷静でいることで、患者さまが病院に到着したことで安心感を感じて頂けるような対応を行っております。


まず精神的な不安を和らげ、必要な処置を懸命に、迅速に、正確に行います。


今ある機能を失わないように、今ある命を落とさないように、最大限の努力を発揮する事が責務であり、24時間365日救急医療に取り組んでいます。

救急科の実績

救急科の実績
2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度

救急

総件数

14,865 15,695 14,093 17,604 16,717 16,286


救急科の実績
2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度

救急車

搬送件数

5,048 5,133 5,843 6,545 6,913 6,768

救急科の医師とスタッフ

安部 嘉男(あべ よしお)
安部 嘉男(あべ よしお)
救急科部長
専門高次救急/救急一般/外傷外科/消化器外科/ショック管理
資格・所属日本救急医学会指導医・救急科専門医/日本外科学会指導医/大阪大学医学博士
近畿外科学会評議員/大阪府救急医療機関連絡協議会理事/大阪府救急医療対策審議会(専門)委員 /大阪市地域メディカルコントロール協議会委員 同検証会議副議長/ICD制度協議会認定ICD/ICLSディレクター/ACLS大阪認定ディレクター/大阪市消防学校非常勤講師
メッセージ趣味はハイキングにパソコン、将棋です。患者さまに納得していただける救急医療を目指したいと思っています。
廣田 哲也(ひろた てつや)
廣田 哲也(ひろた てつや)
救急科部長/ICU部長
専門ER診療、重症管理
資格・所属日本救急医学会救急科専門医・指導医/麻酔科標榜医/日本救急医学会ICLSコースディレクター
日本救急医学会/日本臨床救急医学会
メッセージ患者様に安全な医療を提供し、若い医師が集う診療・教育体制の確保に尽力致します。
野口 和男(のぐち かずお)
野口 和男(のぐち かずお)
救急科副部長
専門救急医学
資格・所属日本救急医学会救急科専門医
日本救急医学会など
メッセージ
柳 英雄(やなぎ ひでお)
柳 英雄(やなぎ ひでお)
救急科副部長/外科一般
専門救急医学
資格・所属日本救急医学会専門医/JATECプロバイダー/JPTECプロバイダー/ACLSプロバイダー/ISLSプロバイダー/ 日本救急医学会/日本集団災害医学会/日本中毒学会/日本消化器内視鏡学会
メッセージ趣味はラグビーと読書です。
朴 將輝(ぱく ちゃんふぃ)
朴 將輝(ぱく ちゃんふぃ)
救急科
専門救急医学           
資格・所属日本救急医学会/日本内科学会    
メッセージ                                 
北村 充(きたむら あつし)
北村 充(きたむら あつし)
救急科
専門救急医学
資格・所属日本内科学会/日本救急医学会
メッセージ地域の皆様のお役に立てるように努力します。宜しくお願いします。

多根総合病院のご案内

診察のご予約

06-6585-2729

診療予約について

【総合病院受付】06-6581-1071

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:30
診療科で異なります。
平日(午後) 診療科で異なります。
土曜(午前) 診療科で異なります。

受付時間については、外来担当表又は、予約時にご確認下さい。

外来担当表

多根記念眼科病院のご案内

お問い合わせ

06-6581-5800

初診のながれ

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:00
平日(午後) 13:30~15:30
土曜(午前) 8:30~11:00

土曜日の午前と平日の午後は
他院からの紹介状をお持ちの方のみ受付しております。

外来担当表

日帰り手術センター

国内最大級の実績と経験!
日帰り手術を専門に行う施設です。

高精度放射線治療

放射線治療科を創設。
高精度放射線治療が可能に!!

内視鏡

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

多焦点眼内レンズ

遠くも近くも見やすい白内障治療。
最新の水晶体再建術

フェイキックIOL

角膜を削らない視力矯正で強度近視の方、角膜が薄い方も矯正可能になりました。

加齢黄斑変性

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

地域の皆様へ