痛みを伴う転移性骨腫瘍の治療(メタストロン) | 放射線治療センター

メタストロン治療について

メタストロン®〔一般名:塩化ストロンチウム(89Sr)〕は、がんの骨転移による疼痛の緩和を目的とした治療用の放射性医薬品です。

特徴

メタストロンはストロンチウム-89という放射線を出す物質(アイソトープ)を含んでおり、骨の成分であるカルシウムと同じように骨に集まりやすく、骨転移部では、正常の骨より長くとどまり、その放射線によって痛みがやわらぐと考えられています。全身の骨転移部に集積するため、外部放射線照射の適応が困難な多発性骨転移にも適しています。
また、外部放射線照射との併用も可能ですので、全身に対してはメタストロン治療を行い、並行して局所の強い痛みの部分には外部放射線治療が行えます。
ストロンチウム-89から出る放射線はベータ線(β線)とよばれ、体内では最大8mmの範囲にしか影響を及ぼさないため、周囲の人への影響はほとんどありません。

メタストロン治療について

※画像クリックで拡大してご覧いただけます。

単回の静脈投与のため外来治療が可能です。

治療は骨シンチグラフィにて、異常集積部位と痛みの部位が一致することが必要です。

メタストロン治療について

※画像クリックで拡大してご覧いただけます。

効果

約50~80%の患者さんに疼痛緩和が得られます。通常注射の1~2周間後から効果が現れはじめ、約3~6ヶ月持続します。

副作用

約5~15%の患者様で投与後3日以内に一時的に痛みが強くなること(ペインフレア)がありますが、通常2~5日で消失します。

骨髄抑制により血球減少がみられることがあります(血小板減少、白血球減少、貧血など)が、定期的な診察および血液検査により適切な処置を行います。


→メタストロン注(ストロンチウム-89)の治療を受けられる患者さんとご家族の方へのQ&A

→がん骨転移の痛みの治療薬「メタストロン注」による治療の流れはこちら


メタストロン®については、下記のホームページもご参照ください。

http://www.nmp.co.jp/public/meta/index.html


社会医療法人きつこう会多根総合病院

社会医療法人きつこう会多根総合病院

〒550-0025
大阪市西区九条南1-12-21
TEL:06-6581-1071
FAX:06-6581-2520

大きな地図で見る

お問い合わせ

当院は、日本医療機能評価機構認定病院(ver5.0)です。
日帰り手術センター

国内最大級の実績と経験!
日帰り手術を専門に行う施設です。

内視鏡

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

多焦点眼内レンズ

遠くも近くも見やすい白内障治療。
最新の水晶体再建術

フェイキックIOL

角膜を削らない視力矯正で強度近視の方、角膜が薄い方も矯正可能になりました。

加齢黄斑変性

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

地域の皆様へ