上部内視鏡検査(胃カメラ)

安心して検査を受けて頂けるよう
担当医師とスタッフが患者様に寄り添いサポート致します。


上部内視鏡検査は、一般的に胃カメラと呼ばれており、食道・胃・十二指腸の病気の診断には欠かせないものです。
当院では、径8~9mmの通常の経口内視鏡ほか、嘔吐反射(えずき)の少ない径5~6mmの経鼻内視鏡検査や眠っている間に検査を行う鎮静剤/鎮痛剤の使用(意識下鎮静法)も取り入れています。
また、必要に応じてNBI(narrow band imaging)という特殊な光や拡大内視鏡という光学80倍ズームのできるスコープを使って、より詳細な診断を行う専門的な医療を行っております。
苦痛を伴うイメージの強い内視鏡検査を、できるだけ楽で安全に提供できるよう努力しておりますので、いつでも気軽にご相談下さい。



経鼻内視鏡検査の流れ

検査まで

1.受付

案内用紙を受付に渡し、待ち合いで椅子にかけてお待ち下さい。

受付

2.オリエンテーション

本日、検査が可能であるか体調や鼻の状態をスタッフが伺います。
体調が優れない、鼻血が出やすい等、気になることがあればおっしゃってください。

オリエンテーション

3.点鼻薬の注入

鼻の通りを良くする薬を両鼻に散布します。
通りが良くなるまで5~15分程度時間をおきます。

点鼻薬の注入

4.水薬の内服

胃の中をきれいにする薬を内服します。

水薬の内服

5.問診表の確認

アレルギーや病気の有無、内服している薬を再度確認します。わからないことがあればスタッフにご相談下さい。

問診表の確認

6.麻酔の薬を両鼻に注入

胃カメラを挿入する際、痛みがないように感覚を鈍らせるお薬(麻酔)を両鼻に注入します。
※局所麻酔なので、眠くなりません。

麻酔の薬を両鼻に注入

7.カメラの挿入側を決定

左右両鼻に専用のチューブを挿入し、抵抗の少ない、通りが良い方を選択します。患者様と相談して決定させて頂きますので、痛みがある場合はおっしゃって下さい。

8.決定した挿入側にチューブ留置

決定した鼻に麻酔を効かせる為、チューブを再挿入します。また、チューブが落ちないように、テープで固定することがあります。

決定した挿入側にチューブ留置
検査

9.検査開始

検査室に入室後、左横向きになり、チューブを抜いて検査が始まります。検査中、喉の違和感はありますが、えずきはほとんどありません。また、鼻からのカメラでは、話をすることが可能です。
※えずきが強い方は喉の麻酔を追加する事があります。

検査開始検査開始

10.検査中

検査中は、むせを防ぐために口の中のつばは飲み込まずに出して下さい。
6~8分程度で検査は終わります。(組織検査を行う場合は、多少時間がかかります。)
検査中、カメラから胃の中に空気が入るため検査後はお腹が張ることがあります。ゲップやガスが出ることで自然に和らぎます。

検査後

11.検査後

検査後はのどの麻酔が残るため、すぐに食べたり飲んだり出来ません。検査終了後にスタッフより説明させて頂きますが、1時間程度の絶飲食が必要です。

検査後検査開始

事務から会計の案内があります。(外来診察がある方は、診察後に会計となります。)

検査後検査開始

経口内視鏡検査の流れ

検査まで

1.受付

案内用紙を受付に渡し、待ち合いで椅子にかけてお待ち下さい。

受付

2.オリエンテーション・問診票の確認

アレルギーや病気の有無、内服している薬を再度確認します。体調が優れない等気になることがあればおっしゃってください。

オリエンテーション

3.水薬の内服

胃の中をきれいにする薬を内服します。胃の中にある泡を抑える薬です。

水薬の内服

4.咽頭麻酔

スプレーにより喉の麻酔をします。麻酔をすることで喉の感覚を鈍らせ、検査中のえずきを軽減させます。

咽頭麻酔
検査

5.検査開始

左横向きに寝て検査が始まります。(胃カメラをかまないようにマウスピースをくわえます)

検査開始検査開始

6.検査中

検査中は、むせを防ぐために口の中のつばは飲み込まずに出して下さい。
5~7分程度で検査は終わります。
(組織検査を行う場合は、多少時間がかかります。)
検査中、カメラから胃の中に空気が入るため検査後はお腹が張ることがあります。ゲップやガスが出ることで自然に和らぎます。

検査後

7.検査後

検査後はのどの麻酔が残るため、すぐに食べたり飲んだり出来ません。検査終了後にスタッフより説明させて頂きますが、1時間程度の絶飲食が必要です。

検査後検査開始

事務から会計の案内があります。(外来診察がある方は、診察後に会計となります。)

検査後検査開始

検査後も24時間365日電話対応しています

当院は二次救急指定病院となっており、検査後も24時間365日電話での対応をしています。(日中は内視鏡センター、夜間・休診日は救急外来へ繋がります)
内視鏡検査後、ご不明な点がありましたらご連絡ください。

内視鏡検査においてご質問・ご相談はお気軽に連絡ください。

TEL.06-6581-1071/内視鏡センター(代)

社会医療法人きつこう会多根総合病院

社会医療法人きつこう会多根総合病院

〒550-0025
大阪市西区九条南1-12-21
TEL:06-6581-1071
FAX:06-6581-2520

大きな地図で見る

お問い合わせ

当院は、日本医療機能評価機構認定病院(ver5.0)です。
日帰り手術センター

国内最大級の実績と経験!
日帰り手術を専門に行う施設です。

高精度放射線治療

放射線治療科を創設。
高精度放射線治療が可能に!!

多焦点眼内レンズ

遠くも近くも見やすい白内障治療。
最新の水晶体再建術

フェイキックIOL

角膜を削らない視力矯正で強度近視の方、角膜が薄い方も矯正可能になりました。

加齢黄斑変性

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

内視鏡センター

外来のご案内

診察のご予約

06-6585-2729

診療予約について

【総合病院受付】06-6581-1071

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:30
診療科で異なります。
平日(午後) 診療科で異なります。
土曜(午前) 診療科で異なります。

受付時間については、外来担当表又は、予約時にご確認下さい。

外来担当表