平成29年度 多根総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 41 180 344 466 974 1358 1961 2583 1865 553
平成29年度に入院された患者様を10歳刻みの年代別に集計した値です。全体の50歳代の占める割合は約13%、60歳代は19%、70歳代は25%、80歳代は18%、90歳代は5.4%になり、約67%以上の患者様が60歳以上ということがわかります。高齢化が年々加速していく社会情勢から、今後は60歳以上を占める割合が70%、80%と増加していくものと考えられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 109 20.74 20.83 36.70% 83.82
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 104 3.87 7.39 0.00% 61.05
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 86 14.57 17.71 2.33% 83.08
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 76 3.93 4.62 0.00% 67.39
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 75 6.93 15.23 1.33 67.72
内科では、内科系疾患全般を扱っている診療科です。当診療科は平均年齢からもわかるように高齢の患者様が多くを占めています。したがって、退院先が自宅ではなく施設や慢性期治療のため療養病院等に転院する患者様が多く、転院率が1位の疾患では約3.5割となっています。それ以外の疾患では、平均在院日数(どのくらい病院に入院していたかの平均)が全国と比べておよそ8日間も短いものもあります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 164 2.07 7.21 0.00% 66.57
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 122 2.55 7.87 0.00% 62.70
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 108 2.22 7.39 0.00% 56.31
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 102 5.51 7.40 3.92% 58.35
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 92 4.16 5.56 0.00% 35.04
外科は主に一般外科(消化器外科)を扱っています。集計結果から年齢層が低く、1泊2日の悪性腫瘍の検査や内視鏡を用いた手術を目的に入院される患者様が多くを占めています。全国と比較すると平均して5日ほど早く退院されている結果となっています。多くは負担が少ない内視鏡を用いた手術を行った患者さまが多い結果となりました。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx02x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 内視鏡下椎弓切除術 手術・処置等2 なし 122 3.60 11.90 0.00% 67.89
070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア 内視鏡下椎間板摘出(切除)術等 87 2.77 10.54 0.00% 51.91
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 86 29.14 27.09 41.86% 80.40
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 41 5.78 5.21 0.00% 51.71
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 33 22.61 19.94 24.24% 78.42
整形外科は四肢外傷、骨折、術前術後のリハビリテーションを主に行っています。1位、2位の疾患は脊椎内視鏡を用いた高度な低侵襲手術を行います。患者様に負担が少ない手術を行うため、全国平均と比較すると非常に短期の入院期間となっています。3位、5位に関しては高齢の患者さまであり、そのうち約6割が転倒され大腿骨転子部骨折で救急搬送にて入院されています。人工関節を挿入し、もとの生活に戻れるレベルまでリハビリを行ってから、退院していただくために在院日数は長めになっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 13 4.31 7.23 0.00% 49.85
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 11 6.00 8.01 0.00% 23.00
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 - - 8.90 - -
030320xxxxxxxx 鼻中隔弯曲症 - - 6.83 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.48 - -
耳鼻咽喉科は悪性疾患を除いた、耳鼻咽喉科全般の疾患に対応しており、平衡機能検査、嗅覚検査、電気味覚検査などの検査も行っています。平均年齢が50歳を下回っており、平均在院日数も6日以内と短い結果となりました。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 43 2.44 5.60 0.00% 31.60
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 15 1.67 3.29 0.00% 67.87
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 15 2.27 4.14 0.00% 45.07
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 11 4.00 8.50 0.00% 78.18
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし - - 4.86 - -
形成外科は医学の中でも新しい分野です。具体的に顔面骨骨折の治療、先天性の症状(口唇裂、口蓋裂等)、やけどやケガによる症状(変形、趾)、後天性の症状(しみやあざ)美容的な要素を持つ治療を行っております。当科では主に鼻骨骨折した患者様に対して整復固定術を行った症例が一番多く、全ての患者様が当院で治療を完結しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 14 8.36 8.95 0.00% 72.21
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.73 - -
070560xx97x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術あり 手術・処置等2 なし - - 28.63 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし - - 8.50 - -
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 - - 7.28 - -
皮膚科はアレルギー疾患、皮膚感染症、熱傷、皮膚腫瘍など皮膚科全般に対応しています。当科で入院適応になった疾患は平均年齢72.21歳の高齢者の帯状疱疹でした。
脳外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 65 5.83 7.34 3.08% 66.02
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 9.20 9.68 8.70% 72.89
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 21.21 19.10 47.37% 64.87
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 23.22 21.36 61.11% 67.17
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 11.88 11.75 12.50% 73.56
脳神経外科では「神経・脳卒中センター」を設置し、迅速に的確な治療を行います。最も多かった疾患は急性・慢性硬膜下血腫あり、1位が手術がなかった症例、2位が手術があった症例となりました。この上位2位の疾患のうち2つをあわせて、約74%の患者様が救急搬送にて入院されています。
泌尿器
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 62 6.94 5.75 3.23% 61.63
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 61 8.89 12.34 1.64% 74.44
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 52 8.73 7.31 0.00% 71.38
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 手術なし 27 7.63 9.44 0.00% 76.33
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 22 10.50 9.73 0.00% 73.05
泌尿器とは、腎臓・副腎・尿管・膀胱・前立腺・尿道・精巣(睾丸)・陰茎等です。1位・2位とはほぼ大差なく、経尿道的尿路結石除去術を行った尿管結石症が1位、そして尿路感染症が2位となり、膀胱腫瘍(悪性腫瘍手術)が3位でした。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 86 17.14 16.51 40.70% 69.08
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 59 4.14 5.15 0.00% 63.25
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 5.87 6.32 2.17% 62.02
010060x2990001 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 33 6.73 6.76 3.03% 65.39
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし 29 6.10 6.28 0.00% 71.97
脳神経内科では、脳卒中やてんかんなどの神経救急疾患からパ-キンソン病やALSなどの神経難病まで幅広く診療を行っています。1位は発症3日目以内の脳梗塞であり転院率は4割でした。2位は前庭機能障害であり、3位はてんかんでした。3位のてんかんに関してはおよそ9割の患者様が救急搬送されてています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 48 10 - 23 - - 1 7
大腸癌 31 36 33 24 - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
罹患率の高い5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)を病期(ステージ)ごとに集計した値です。化学療法治療のために入退院を繰り返す患者様は1入院で1件とカウントするため、同じ患者様でも入院の度に1件と数えています。主に胃癌、大腸癌の患者様のステージⅠ~Ⅳすべてのステージを幅広く治療していることが読み取れます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 179 13.1 75.7
中等症 54 15.6 81.6
重症 34 25.5 82.1
超重症 11 20.0 85.5
不明 - - -
市中肺炎とは社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことを指します。評価の基準として、男性70歳以上・女性75歳以上、尿素窒素21mg/dL以上または脱水の有無、血中酸素濃度90%以下(動脈血酸素分圧60Torr以下)、意識障害の有無、収縮期血圧90mmHg以下の5点満点で1項目該当すれば1点となります。軽症が0点、中等症が1点~2点、重症が3点、超重症が4点~5点で集計しています。(ショック状態が確認されていれば1項目でも超重症とする)当年度において扱った患者様は約64%が軽症であり、治療期間は全体を通して約2週間程度の入院期間を必要としています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 352 22.33 72.56 39.10%
その他 37 15.54 66.43 3.90%
当院にて治療を行う脳梗塞を発症された患者様の約9割は発症してから3日以内に治療が開始されています。平均70歳代の患者様中心で構成されており、入院治療として元の生活に戻っていただくためにしっかりのリハビリを行っているため、入院期間が長くなっています
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 252 1.32 0.75 0.40% 66.66
K654 内視鏡的消化管止血術 90 0.43 7.87 4.44% 70.18
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 70 2.53 2.51 0.00% 68.36
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 60 2.33 14.12 3.33% 79.15
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 49 0.88 2.90 0.00% 66.61
内科が行う主な手術として、内視鏡を用いて行う大腸のポリープ切除術が1位となりました。2位は同じく内視鏡を使った手術で腸から出血した部位を止血する手術です。3位はカテーテルを血管内に挿入し、ステントと呼ばれる金属を膨らませ血管を拡張する手術です。すべて皮膚を大きく切開して行う手術ではないため、患者様の負担も少ない手術となっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 656 0.03 0.80 0.00% 57.39
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 614 0.25 0.22 0.33% 64.64
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 220 0.73 3.03 1.82% 56.39
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 105 0.01 0.39 0.00% 54.34
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 99 0.31 2.88 0.00% 34.71
外科は主に消化器外科疾患に対して行う手術が上位に並びました。腹腔鏡による鼠径ヘルニア、胆嚢摘出術、また内視鏡による大腸ポリープ切除術等が挙げられます。若年層でもこれらの手術は頻繁に発生するものでもあるため、年齢層は平均で60歳、術後5日程度で退院されています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K131-2 内視鏡下椎弓切除術 221 0.03 2.65 0.00% 67.38
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 94 0.07 1.67 0.00% 52.02
K0461 骨折観血的手術(大腿) 58 3.22 25.91 41.70% 79.17
K0811 人工骨頭挿入術(股) 43 4.30 24.70 31.70% 80.60
K0462 骨折観血的手術(前腕) 38 1.08 8.89 1.70% 66.50
整形外科は主に骨折に対する手術が主に行っています。平均術前日数、平均術後日数からもわかるように1位、2位に関しては入院の当日に手術を行い、翌々日には退院できる患者様に負担の少ない手術です。3位から下は平均年齢が高くなっています。高齢の患者様の転倒により骨折される患者様が多いため、治療後に元の生活へ戻れるようリハビリ期間しっかり設けているため、術後の入院期間は長くなっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 10 0.80 4.60 0.00% 24.80
K7811 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - 4.87 - -
K8036ロ 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) - - 6.48 - -
K800-2 鼓室形成手術 - - 9.60 - -
K783-2 鼻中隔矯正術 - - 6.69 - -
耳鼻咽喉科はほとんど入院して手術するという症例は当院の場合ありませんが、1位の口蓋扁桃手術(摘出)は急性扁桃腺炎を反復される患者様に適応される手術です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 29 0.07 0.69 0.00% 30.72
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) 10 0.40 1.90 0.00% 60.00
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - 0.63 - -
K2193 2193眼瞼下垂症手術(その他) - - 0.87 - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - 0.37 - -
形成外科の特性である顔面の骨折(鼻骨骨折)した患者様に対して整復固定術が1位でした。平均年齢も30.72と若く手術の内容上、術前・術後日数は1日以内に執り行われます。
脳外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 43 0.58 9.67 9.30% 73.21
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 13 6.00 40.69 15.38% 58.69
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング(1箇所) 13 0.62 28.77 30.77% 58.38
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) - - 38.13 - -
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 - - 46.13 - -
当院では急性期の脳卒中・神経疾患に対し365日24時間体制で対応しています。1位、3位の手術に関しては平均して0.6日以内には手術が行われています。3位の脳動脈瘤頚部クリッピング手術は平均年齢をみると60歳未満であることから比較的若い世代にも発症する疾患です。平均術後日数が長めの結果となっていますが、当院では術後のリハビリテーションを積極的に行いるための結果です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 74 0.07 0.24 0.00% 52.47
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 70 1.99 4.87 7.14% 62.29
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 60 1.73 6.48 0.00% 71.98
K800-2 経尿道的電気凝固術 30 3.73 9.60 6.67% 75.50
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 29 0.59 6.69 6.90% 73.72
1位となっている体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は体外から衝撃波を身体にあてて、結石を破壊するものである、皮膚を切開することはありません、よって入院期間も短くなっています。また幅広い年齢層の患者様がおられるため年齢も他と比べ低くなっています
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 21 3.14 33.38 31.80% 76.71
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む 14 36.64 20.29 15.90% 81.29
K386 気管切開術 - - 30.00 - -
K178-2 経皮的脳血管形成術 - - 34.60 - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - 24.33 - -
脳神経内科は脳血管内に発生した血栓を特殊な器具を使用し、回収する手術になります。平均年齢も高齢となっているため、術後の平均日数が長くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 24 0.23%
180010 敗血症 同一 14 0.14%
異なる 43 0.42%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 41 0.40%
異なる - -
ここでいう「入院契機」列に記載してある「同一」・「異なる」というのは、入院するに至った病名と最も医療資源を投入した病名とが「同一」か「異なる」かということです。集計結果から、播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症の「異なる」件数が「同一」を上回ったということは何らかの治療途中に当該疾患が発症した件数が多かったこと意味します。当院ではこれらの疾患の発生率をすこしでも減少させるために感染対策チームが感染症予防対策を日々行っています。手術・処置等の合併症について、ここに入る疾患はステント(血管を広げる器具)拡張部が再狭窄した疾患や手術で吻合した部分が狭窄した疾患がここに入ります。最新の注意を払い治療を行いますが、侵襲的治療をした場合、これらの疾患が発生すること多からず発生します。
更新履歴