角膜移植

角膜の働き

角膜は透明な5層構造の膜であり、眼球に光を取り入れる入口としての役割と水晶体とともにピント調節をする役割を持っています。病気やけがにより角膜が濁ってしまい角膜本来の透明性を失ってしまうと眼の中に光を取り入れることが出来なくなってしまいます。このような場合に角膜移植が必要となります。

水疱性角膜症

角膜の裏側には内皮細胞という角膜の水分を汲みだすポンプの役目をする細胞層がありますが、この細胞の機能が低下すると角膜は水ぶくれ状態になりすりガラスのように濁ってしまいます。この状態を水疱性角膜症といいます。加齢でも起こりますが、眼の手術(白内障・緑内障手術など)により起こる事もあります。

角膜実質炎

幼少期にはしかやトラコーマなどで炎症が起こり角膜が濁ってしまった場合、角膜ヘルペスの治療後に混濁が残った場合、細菌・真菌感染などで角膜が薄くなったり混濁が残ったりした場合に角膜移植が必要になります。

円錐角膜

思春期に好発する角膜変性疾患で角膜中央部が薄くなり、前方に突出します。高度に進行しコンタクトレンズでは矯正視力が十分にでない、突出部に混濁が生じた場合に角膜移植が適応となります。
角膜変性症:先天的な原因で角膜に異常物質が沈着したり、角膜内皮細胞が変性したりする病気です。

ドナー角膜

米国のシアトルにあるアイバンクであるNorthwest Lions Foudationの協力を得て、米国から角膜を輸入することによりあらかじめ手術予定日を決めて角膜移植を行っています。

全層角膜移植

角膜の混濁が強く内皮細胞も弱っている場合、角膜全層を切除しドナー角膜を移植します。最も基本的な方法で手技も安定しています。

全層角膜移植

表層移植

内皮細胞の機能が残っている場合、濁った表層部分のみを切除しドナー角膜を移植します。内皮型拒絶反応の心配がありません。やや手技が難しく、手術中全層角膜移植に変更する場合もあります。

表層移植

角膜内皮移植

水疱性角膜症では内皮細胞のみが必要であり、角膜周辺部に開けた数ミリの切開創から内側の内皮層のみを取り除き、ドナー角膜を移植します。この数年前に開発された方法で角膜移植後の高度の乱視を防止でき、手術後早期から良好な視力が得られることがあります。

角膜内皮移植

多根記念眼科病院 外来のご案内

診察のご予約

06-6581-5800

初診のながれ

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:30
平日(午後) 13:30~15:30
土曜(午前) 8:30~11:00

土曜日の午前と平日の午後は
他院からの紹介状をお持ちの方のみ受付しております。

外来担当表

病院トップページ

多根記念眼科病院

多根記念眼科病院

〒550-0024
大阪府大阪市西区境川1-1-39

>>大きな地図で見る

交通アクセス

お問い合わせ

医師募集

眼科専門医を募集幅広い専門技術も取得可能な環境です。

後期臨床研修医募集

眼科を目指される研修医の方を募集しています。

看護師募集

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

専門眼科のご案内

  • 白内障手術
  • 多焦点眼内レンズ
  • 硝子体手術
  • 涙道閉塞治療
  • ILASIK
  • フェイキックIOL
  • オルソケラトロジー
  • 角膜移植
  • 円錐角膜治療法
  • 緑内障手術
  • 加齢性黄斑変性症
  • 斜視手術
当院で受けられる手術・治療
保険適用外手術について
モニター募集について
安心LASIK NETWORK
ICL