クロスリンキング

角膜クロスリンキングとは

角膜クロスリンキング治療とは、ドイツのSeilerらが開発した方法で、円錐角膜の進行を抑える方法です。角膜にリボフラビン(ビタミンB2)を点眼しながら、365nmの波長の紫外線を角膜に照射すると、角膜実質のコラーゲン線維の強度が強くなり、円錐角膜の進行を抑えることが可能です。また、角膜が若干平坦になるので、近視の度数を軽減する可能性があります。

クロスリンキング後は角膜強度が増しているのがわかります。
角膜片が黄色いのはリボフラビンが浸透しているためです。

角膜クロスリンキング前

角膜クロスリンキング後

コラーゲン間に細い繊維が沢山形成され(架橋)、これにより角膜強度が増します。

角膜クロスリンキング前の角膜内コラーゲンの様子

角膜クロスリンキング後の角膜内のコラーゲンの様子

こんな方にお勧めの治療です

角膜クロスリンキング治療は、円錐角膜やレーシック術後の角膜拡張症の進行を抑えるためにとても有効な治療法です。10代やそれ以降の方で円錐角膜が進行している場合に適しています。

適応と禁忌

適応(適している方)

  1. 年齢14歳以上
  2. 進行性円錐角膜
  3. ペルーシド角膜変性症
  4. 医原性角膜拡張症
  5. 上皮切除後の角膜厚が400μm以上 (角膜内皮保護のため)

禁忌(適していない方)

  1. 上皮切除後、膨潤状態でも角膜厚400μm未満
  2. 上皮の修復異常
  3. 放射状角膜切開術(RK)手術後
  4. 角膜融解
  5. ヘルペス性角膜炎(紫外線がヘルペスを活性化)
  6. 妊娠中、授乳中
  7. 角膜内皮細胞密度2000個/mm2未満

手術方法

1.点眼麻酔をします

↓

2.角膜上皮をとり除きます。

↓

3.角膜中央部にリボフラビン(ビタミンB2)を2分毎に30分間点眼します。

↓

4.2分毎にリボフラビンを点眼しながら、紫外線を30分間照射します。

↓

5.保護用コンタクトレンズを装用して終了です。

多根記念眼科病院 外来のご案内

診察のご予約

06-6581-5800

初診のながれ

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:30
平日(午後) 13:30~15:30
土曜(午前) 8:30~11:00

土曜日の午前と平日の午後は
他院からの紹介状をお持ちの方のみ受付しております。

外来担当表

病院トップページ

多根記念眼科病院

多根記念眼科病院

〒550-0024
大阪府大阪市西区境川1-1-39

>>大きな地図で見る

交通アクセス

お問い合わせ

医師募集

眼科専門医を募集幅広い専門技術も取得可能な環境です。

後期臨床研修医募集

眼科を目指される研修医の方を募集しています。

看護師募集

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

専門眼科のご案内

  • 白内障手術
  • 多焦点眼内レンズ
  • 硝子体手術
  • 涙道閉塞治療
  • ILASIK
  • フェイキックIOL
  • オルソケラトロジー
  • 角膜移植
  • 円錐角膜治療法
  • 緑内障手術
  • 加齢性黄斑変性症
  • 斜視手術
当院で受けられる手術・治療
保険適用外手術について
モニター募集について
安心LASIK NETWORK
ICL