眼瞼痙攣手術(BOTOX)

眼瞼痙攣とは、一般には眼の周りの筋肉が自分の意思とは関係なく過度の収縮を引き起こすことによって起こる痙攣のことをいいます。症状としてはその名の通り目の周りの『痙攣』で受診されることもありますが、強い痙攣がなく、目薬等を使ってもなかなか治らないドライアイやまぶしさといった症状を訴えて受診され、そこで初めて眼瞼痙攣と診断される方もいます。

治療

治療治療ですが、神経内科等で内服薬を処方される場合もありますが、当院ではボツリヌス毒素を精製した薬剤(ボトックス®)を直接原因となっている『眼輪筋』に向けて注射する方法を行なっています。 ボトックスをあらかじめ決められた単位数だけ、右に示すように患眼の周り6ヵ所に注射します(注射をする部位および単位は症状によって変える場合もあります)。大体一回の治療で約3カ月効果が持続するとされています。繰り返し注射を続けないといけない患者さんもいますが、人によってその効果の度合い・持続期間は異なってきます。

副作用・その他

副作用として注射後目が開けづらくなったり(開瞼困難)、逆につむりにくくなったり(閉瞼困難)、涙があふれるような症状が出てきたりすることもあります。これらの症状は一般的には薬の効果がなくなってくるとともに消えるものとされています。 なお当院では片側顔面痙攣に対してもボトックス®注射による治療を行なっています。なお片側顔面痙攣では顔面神経が目の奥の血管により圧迫されていないかMRI等で画像診断を行なってから注射治療を行なうか決めさせて頂いています。

多根記念眼科病院 外来のご案内

診察のご予約

06-6581-5800

初診のながれ

外来受付時間

平日(午前) 8:30~11:30
平日(午後) 13:30~15:30
土曜(午前) 8:30~11:00

土曜日の午前と平日の午後は
他院からの紹介状をお持ちの方のみ受付しております。

外来担当表

病院トップページ

多根記念眼科病院

多根記念眼科病院

〒550-0024
大阪府大阪市西区境川1-1-39

>>大きな地図で見る

交通アクセス

お問い合わせ

医師募集

眼科専門医を募集幅広い専門技術も取得可能な環境です。

後期臨床研修医募集

眼科を目指される研修医の方を募集しています。

看護師募集

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

専門眼科のご案内

  • 白内障手術
  • 多焦点眼内レンズ
  • 硝子体手術
  • 涙道閉塞治療
  • ILASIK
  • フェイキックIOL
  • オルソケラトロジー
  • 角膜移植
  • 円錐角膜治療法
  • 緑内障手術
  • 加齢性黄斑変性症
  • 斜視手術
当院で受けられる手術・治療
保険適用外手術について
モニター募集について
安心LASIK NETWORK
ICL