多根総合病院が日本放射線治療学会認定施設に

安全かつ高精度の放射線治療を推進することを目的として策定された認定施設規程に基づき、日本放射線腫瘍学会から認定されました

日本放射線腫瘍学会認定書

※クリックで拡大してご覧いただけます。

日経メディカル2016年12月号に多根総合病院掲載

日経メディカル(日経BP社)12月号“「外科再生」は道半ば”で、多根総合病院外科の勤務体制制度がユニークな外科体制の充実方策として掲載されました。

nm0704_info_cover1612

平成28年熊本地震においてDMAT(災害派遣医療チーム)1隊を被災地に派遣しました。

平成28年4月16日に本震の発生した平成28年熊本地震において、厚生労働省DMAT事務局の要請に応じ、DMAT(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)1隊を被災地に派遣しました。
4月16日に当院を出発し、4月17日に熊本赤十字病院内に設置されたDMAT活動拠点本部に到着しました。
患者搬送などの被災地における医療支援活動に従事し、4月19日に当院に帰投しました。

一連の地震において被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

多根記念眼科病院 読売新聞病院の実力「眼科」掲載

読売新聞「病院の実力 大阪編 眼科」に多根記念眼科病院 桜井寿也 副院長の硝子体手術についてのインタビュー記事が掲載されております。

病院を判断する資料として、ご参考にしてください。

 

医療機関別2015年治験実績(読売新聞調べ)

 

ganka

 

診療報酬改定に伴う患者様負担額変更のお知らせ

平成28年4月1日からの診療報酬改定にともない、初診時の選定療養費が、当院では3,240円になります。ご了承ください。(平成28年5月1日より実施
但し、他の医療機関からの紹介状をお持ちの方等は従来通り選定療養費は頂きません。

ご不明な点がございましたら医事課窓口にお問い合わせ下さい。

多根記念眼科病院『病院の実力 2016総合編』(黄斑下手術等手術件数)全国2位掲載

読売新聞社『病院の実力 2016総合編』眼科の手術件数の見方に掲載されております。
新規ドキュメント 22_1

読売新聞病院の実力2016総合編より引用

※厚労省の指定する難易度の高い手術を実施した場合にその件数を都道府県の厚生局へ届けており、そのデータが掲載されております

多根総合病院 内視鏡センターが『病院の実力 2016総合編』に掲載されました。

HP用読売新聞社『病院の実力 2016総合編』の大腸がん 消化器内視鏡健診・治療特集~患者にやさしい低侵襲医療~に、多根総合病院の内視鏡センターが掲載されました。多根総合病院では、大腸内視鏡検査を楽に受ける5つの工夫として患者様の負担を少なくできるよう、様々な取り組みをおこなっています。

多根総合病院が日本救急医学会指導医指定施設に認定されました。

img092016年1月から、KHS®多根総合病院が日本救急医学会指導医指定施設に認定されました。
今後も地域の救急医療に貢献してまいります。
※2015年1月現在で認定されている施設は103施設のみです。

週刊ポストの胃カメラ特集で、当法人の淺井医師(多根総合病院内視鏡センター副部長)が「胃カメラの名医」120人に選ばれました。

週刊ポストの胃カメラ特集で、当法人の淺井医師(多根総合病院内視鏡センター副部長)が「胃カメラの名医」120人に選ばれました。
※日本内視鏡学会専門医を対象に「自分が検査を受けたい内視鏡医」アンケートを行った結果。

→多根総合病院内視鏡センターはこちら

※画像をクリックで拡大してご覧いただけます。
img010

img011

医療関係者の方へ

地域連携窓口

かかりつけ医、医療関係者の
方が当院と連絡取る際

臨床研修センター

随時病院見学を行っています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

看護部

就職、転職でお悩みの方へ
看護師募集中です!

KHS求人情報

地域の医療と福祉に携わる。
KHSの求人情報。

日帰り手術センター

国内最大級の実績と経験!
日帰り手術を専門に行う施設です。

高精度放射線治療

放射線治療科を創設。
高精度放射線治療が可能に!!

内視鏡

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

地域の皆様へ