第12回日本短期滞在外科手術研究会(JSSSA)学術総会に参加、発表しました

2016年6月18日三重県四日市市で第11回日本短期滞在外科手術研究会(JSSSA)学術総会が「New era for shorter stay in Japanさらなる短期滞在外科手術を求めて」のテーマで開かれました。
多根総合病院日帰り手術(DS)センターからは、名誉センター長(院長)丹羽英記、日帰り手術センターアドバイザーの渡瀬誠(副院長)、冨永ルミ子(看護師長)外科医長山口拓也をはじめ 看護師、事務を含めて10名余が参加し研修してまいりました。
当日午前中には学術総会に先駆けてDSコーディネーター講習会が開かれ、JSSSAのDSコーディネーター委員会委員長として渡瀬、副委員長として冨永ルミ子が講習会の講師として運営に携わりました。北は北海道、南は九州まで全国から合計43名のDSコーディネーター受験希望者や更新の方々が集まり、当院からも渡上看護主任をはじめ大浜、大浜、牧野他 計5名の看護師が受講致しました。DSコーディネーターは患者さんと医師をつなぐ大切な職種と位置づけられており、日本全体でJSSSA認定コーディネーターはいまだ46名であり、当院では4名のDSコーディネーターがより安全な日帰り手術を受けていただけるように皆様を導いております。
当院はこのように全国のDSコーディネーターの育成にも積極的に参加しています。
午後からの学術総会には丹羽院長、冨永看護師長が座長を担当し、また久保看護師が「DSコーディネーターのスキル向上を目指して-リフレクションを活用して」について発表し、全国の日帰り手術の専門家と討論を繰り広げました。
当院の日帰り手術センターはこれからも日々新しい知見を取り込み、最新の治療に挑んでまいります。


社会医療法人きつこう会多根総合病院

社会医療法人きつこう会多根総合病院

〒550-0025
大阪市西区九条南1-12-21
TEL:06-6581-1071
FAX:06-6581-2520

大きな地図で見る

お問い合わせ

高精度放射線治療

放射線治療科を創設。
高精度放射線治療が可能に!!

内視鏡

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

多焦点眼内レンズ

遠くも近くも見やすい白内障治療。
最新の水晶体再建術

フェイキックIOL

角膜を削らない視力矯正で強度近視の方、角膜が薄い方も矯正可能になりました。

加齢黄斑変性

レーザー治療により数日の入院で、黄斑変性症が治療可能に

当院は、日本医療機能評価機構認定病院(ver5.0)です。